株式会社富士セラミックス
マルツエレック株式会社

【2021年版】3軸加速度センサー メーカー3社一覧

3軸加速度センサーのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


3軸加速度センサーとは

3軸加速度センサーとは、X方向、Y方向、Z方向の加速度を測定するセンサーです。

まず、加速度とは、ニュートンの運動の法則(第2法則)で「ある物体が外部からの力Fをうけるとき、その力の方向に、力Fの大きさに比例し、物体の質量mに反比例する加速度aを生じる」と説明されています。数式であらわすと「F=ma」となります。平たくいうと、加速度は「ある一定の時間における速度の変化量」です。

加速度センサーは加速度を測定し信号処理をすることで物体の動き、振動、衝撃を検知することが可能です。
また、重力も測定することができ、重力を計算すると傾きの検出もできます。

加速度センサの種類は、圧電式、ピエゾ抵抗式、静電容量式などがあり用途に応じて選定されます。

3軸加速度センサーの使用用途

3軸加速度センサーは、現在幅広い機器に使用されております。今回は、その一例を示します。

  • 携帯電話:縦横の検出をすることにより画面の向きを変更したり、歩数計のカウントなどに使われています。
  • ゲームコントローラー:コントローラーの動きを検知することに使用されています。
  • 自動車:車の加速・減速や荷重による車体の姿勢を検知し、ABSや電子制御サスペンションなどに活用されています。また、エアバッグの衝突検知にも使われています。
  • ロボット:ロボットの位置や姿勢の制御に活用されています。

3軸加速度センサーの原理

3軸加速度センサーの種類には、主にピエゾ抵抗式、圧電式、静電容量式があります。それぞれの原理について説明します。

  • ピエゾ抵抗式
    ピエゾ抵抗効果とよばれる、ピエゾ抵抗素子に力が加わると抵抗が変化する現象を利用しています。
    センサー素子の可動部と固定部の接合部にピエゾ抵抗素子を配置し、加速度がかかることによって可動部からピエゾ抵抗素子に力が加わり、抵抗値が変化します。この抵抗値の変化から加速度を検出します。
  • 圧電式
    圧電効果とよばれる、圧電性のある物体に力が加わると分極が発生し電圧が生じる現象を利用しています。
    センサー素子の可動部と固定部の接合部に圧電素子を配置し、加速度がかかることによって可動部から圧電素子に力が加わり、電荷が発生します。この電荷の変化から加速度を検出します。
  • 静電容量式
    電極間の静電容量の変化を利用して検出します。
    センサー素子の固定電極と可動電極があり、加速度がかかることによって可動電極が移動し、固定電極との隙間が変化し、電極間の静電容量が変化します。この静電容量の変化から加速度を検出します。

参考文献
https://www.marubun.co.jp/product/component/a7ijkd000000ip73.html
https://www.analog.com/media/jp/technical-documentation/application-notes/ANJ-0005_jp.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sicejl1962/42/1/42_1_48/_pdf
https://www.keyence.co.jp/ss/products/recorder/lab/acceleration/measurement.jsp

3軸加速度センサーのメーカー情報

3軸加速度センサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社富士セラミックス
  2. 2 マルツエレック株式会社
  3. 3 昭和測器株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社富士セラミックス
  2. 2 昭和測器株式会社
  3. 3 マルツエレック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 マルツエレック株式会社
  2. 2 昭和測器株式会社
  3. 3 株式会社富士セラミックス

3軸加速度センサーのメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す