理化工業株式会社
渡辺電機工業株式会社
株式会社岡崎製作所
株式会社チノー
東邦電子株式会社
安立計器株式会社
坂口電熱株式会社

【2021年版】表面温度センサー メーカー14社一覧

表面温度センサーのメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


表面温度センサーとは

表面温度センサーの使用用途は、接触式と非接触式で異なります。接触式の表面温度センサーの代表格である「熱電対」は、熱電対を温度測定する対象物に接触させるもので、主に研究や試験などを実施する際に使用します。もう一つの接触式の表面温度センサは「サーミスタ」で、これは冷蔵庫やエアコンなどの電化製品にも多用されており、最も量産で使用されている表面温度センサーと言えます。次に、非接触式の表面温度センサーの代表と言える「赤外線の量を検知するセンサー」による温度測定に関しては、対象物に接触しなくても測定できるので、体温を測定する際など、多くの場面で使用されています。

表面温度センサーの使用用途

表面温度センサーの使用用途は、接触式と非接触式で異なります。接触式の表面温度センサーの代表格である「熱電対」は、熱電対を温度測定する対象物に接触させるもので、主に研究や試験などを実施する際に使用します。もう一つの接触式の表面温度センサは「サーミスタ」で、これは冷蔵庫やエアコンなどの電化製品にも多用されており、最も量産で使用されている表面温度センサーと言えます。次に、非接触式の表面温度センサーの代表と言える「赤外線の量を検知するセンサー」による温度測定に関しては、対象物に接触しなくても測定できるので、体温を測定する際など、多くの場面で使用されています。

表面温度センサーの原理

表面温度センサーの原理について説明します。今回紹介する表面温度センサーは、接触式が「熱電対」と「サーミスタ」、非接触式が「赤外線検知センサー」によって、表面温度を測定するものです。最初に「熱電対」の原理は、2種類の金属導体で作られた温度センサで、異なる金属の間に発生した電圧を温度に換算しています。この熱電対方式のメリットは、応答が良く、安価で広範囲の温度が測定可能な点が長所です。次に「サーミスタ」による表面温度の測定ですが、この原理はサーミスタと言う素子の特性を生かしたものです。サーミスタは、温度により抵抗値が変化するので、その抵抗値を測定することで温度に換算出来ます。最後に、非接触方式の「赤外線検知センサー」による表面温度の測定原理
ですが、これは測定したい対象物が放射する赤外線量をセンサーで検知して、温度に換算するもので、体温などを測定する際にも使われていて、接触しなくても温度が測定出来て、
大変便利な温度計です。但し、この非接触温度計にも注意点があり、金属などの赤外線を正確に放射しない物質に対しては、正確な温度を測定することが出来ないのが弱点です。

参考文献
https://www.keyence.co.jp/ss/products/recorder/lab/thermometry/thermocouple.jsp
https://ednjapan.com/edn/articles/1902/13/news011.html

表面温度センサーのメーカー情報

表面温度センサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社チノー
  2. 2 理化工業株式会社
  3. 3 株式会社岡崎製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ネツシン
  2. 2 日本電測株式会社
  3. 3 ニッシン産業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 坂口電熱株式会社
  2. 2 株式会社チノー
  3. 3 理化工業株式会社

表面温度センサーのメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す