株式会社昭和測器
株式会社共和電業
株式会社エー・アンド・デイ
日本キスラー株式会社

【2021年版】ひずみセンサー メーカー9社一覧

ひずみセンサーのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ひずみセンサーとは

ひずみセンサとは、ひずみを電気信号に変換して測定するためのセンサです。
ひずみとは、材料に対して外部から力を加えて引っ張りや圧縮させると、材料は伸び縮みをします。この材料の元の長さに対して、伸びた量をひずみと言います。ひずみは、外部から加えられた力・圧力・熱などによって発生します。ひずみ量から、外部から加えられた応力値などを算出することができます。そのため、ひずみセンサは建造物や産業機器などの安全性確保のために、応力値の把握に使われます。

ひずみセンサーの使用用途

ひずみセンサは、自動車・鉄道・航空機の輸送機、ビルの建築等の建造物などの製品の強度、安全性の確認のためにひずみセンサを測位物の表面に接着してひずみを測定します。非常に高精度に、応答性が早く測定ができ、静的なひずみの測定だけでなく、動的なひずみの測定も可能です。また、長期的な安定性も確保できます。ひずみセンサを活用したセンサとしては、加速度センサ、ロードセル、圧力センサ、変位センサ、トルクセンサなどがあります。

ひずみセンサーの原理

ひずみセンサの原理は、測定表面のひずみを電気信号として変換し測定することができます。センサが、ひずみを検知すると抵抗値が増減するという性質を持っています。この抵抗値の増減を測定することによりひずみを測定することができます。
ひずみセンサの一例として一番一般的な電気抵抗ひずみセンサは、抵抗体をフォトエッジングなどで電気絶縁体の表面に加工を行った構造です。測定物の表面に専用の接着剤でセンサを接着して、外力により測定物がひずんだ際の電気抵抗をホーイストンブリッジの抵抗として利用し、ひずみによる微小抵抗変化を電圧に変化します。ブリッジの入力側に電圧を印加すると出力側には外力のひずみによる抵抗変化をした電圧を測定できます。
ひずみセンサの電気量に変換する抵抗素子としては、金属、箔、半導体などがあります。ベース材料は、ペーパーゲージ、ポリエステルゲージ、エポキシゲージなどがあります。形状による分類は、単軸ゲージ、多軸ゲージなどがあり、測定物によって材料や形状を選びます。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jime1966/16/6/16_6_465/_pdf/-char/ja
https://www.kyowa-ei.com/jpn/technical/strainbasic_course/index.html

ひずみセンサーのメーカー情報

ひずみセンサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ミネベアミツミ株式会社
  2. 2 日本キスラー株式会社
  3. 3 バンドー化学株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 パイクリスタル株式会社
  2. 2 株式会社エー・アンド・デイ
  3. 3 株式会社昭和測器

歴史のある会社

  1. 1 バンドー化学株式会社
  2. 2 株式会社共和電業
  3. 3 ミネベアミツミ株式会社

ひずみセンサーのメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す