旭化成エレクトロニクス株式会社
ローム株式会社
アルプスアルパイン株式会社
STマイクロエレクトロニクス株式会社

【2021年版】地磁気センサー5選 / メーカー5社一覧

地磁気センサーのメーカー5社・12製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


地磁気センサとは

地磁気センサとは地球の持つ磁気(地磁気)を検出するためのセンサです。電子コンパスと呼ばれることもあります。
地磁気センサにはXY軸を検出することができる2軸タイプとXYZ軸を検出することができる3軸タイプに分かれています。平地で使用する場合は2軸タイプで問題はありませんが、傾斜地などで使用する場合3軸タイプでなければ正確な地磁気を検出することができません。

地磁気センサの使用用途

地磁気センサは、一般的に方角を検出するために利用されます。登山用GPS端末などに電子コンパスとして搭載されているほか、マップ上の端末の向きを測定するためにスマートフォンやカーナビゲーションに搭載されています。自動車などに搭載されているのはXY軸を検出する2軸タイプですが、航空機などピッチ・ヨーといった三次元的な運動が可能な場合XYZを検出できる3軸タイプを搭載する必要があります。

地磁気センサの原理

地磁気センサは三種類に分かれます。ホールセンサ・MR(Magneto Resistance)センサ・MI(Magneto Impedance)センサが代表的な地磁気センサーの種類です。以下にそれぞれのセンサの特徴を挙げます。

地磁気センサーのメーカー情報

地磁気センサーのメーカー5社一覧


地磁気センサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社東芝
  2. 2 アルプスアルパイン株式会社
  3. 3 旭化成エレクトロニクス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 旭化成エレクトロニクス株式会社
  2. 2 ローム株式会社
  3. 3 アルプスアルパイン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社東芝
  2. 2 アルプスアルパイン株式会社
  3. 3 ローム株式会社

地磁気センサー5選

TZ1011MBG

株式会社東芝

特徴

TZ1011MBGはウェアラブル機器に搭載する高性能のプロセッサで、ARMプロセッサコアと呼ばれる演算機器を搭載しています。

これは16ビット3軸の磁気センサ、加速度センサ、角速度センサなどを備えたFPU RISCプロセッサです。

従来よりも小型パッケージであるため、搭載するウェアラブル機器の小型化を図ることができます。

さらに本プロセッサはUSB機器やUART、SPI、I2Cといったデバイスとの多様な通信規格に対応しています。そのため大気圧計や湿度計などの通信コネクタを備えたMEMSセンサに対しても容易に取り付けることができます。

株式会社東芝の会社概要

製品を見る

磁気センサー

旭化成エレクトロニクス株式会社

特徴

AK8771はホール効果を利用した磁気センサで、磁石のN極・S極を交互に検知する交番検知を利用しています。

ホール素子と波形整形用ICを一体化することで、1.1 mm×1.4 mm×0.37 mmという超小型化を実現しました。

休止時には消費電力を削減するパワーダウン機能が搭載されており、優れた省エネ性能を有します。

動作磁束密度は-4.0 mTから+4.0 mTという超高感度であり、30 ℃から+85 ℃の温度環境で使用することができます。

環境影響を考慮したハロゲンフリー材料が使用されています。

旭化成エレクトロニクス株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 日比谷三井タワー
  • URL: https://www.akm.com/jp/ja/
  • 創業: 1980年
  • 従業員数: 39,283人

製品を見る

3軸デジタル磁気センサIC - BM1422AGMV

ローム株式会社 3軸デジタル磁気センサIC - BM1422AGMV 画像出典: ローム株式会社公式サイト

特徴

3軸デジタル磁気センサIC - BM1422AGMVは、3方向の磁気を感知するための磁気インピーダンス(MI)センサとその制御用ICを小型パッケージに集積化した磁気センサです。

通信規格としてI2Cを備えており、12ビットまたは14ビットのデジタル出力が可能です。

測定可能な入力磁気範囲はプラスマイナス120 µTで、磁気感度は0.042 µT/LSBです(LSBは最下位ビットのことです)。-40 ℃から+85 ℃の温度範囲で動作します。

大きさが2 mm×2 mm×1 mmという小型であるため、腕時計やスマートフォンなどのデバイスに搭載され使用されます。

ローム株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 京都府京都市右京区西院溝崎町21
  • URL: https://www.rohm.co.jp/
  • 創業: 1958年
  • 従業員数: 22,516人

製品を見る

3軸地磁気タイプ HSCDシリーズ

アルプスアルパイン株式会社 3軸地磁気タイプ HSCDシリーズ 画像出典: アルプスアルパイン株式会社公式サイト

特徴

3軸地磁気タイプ HSCDシリーズはデジタル出力の3軸地磁気センサであり、高感度で地磁気要素を検出することができます。

センサ内には駆動用回路、信号処理回路、そしてシリアル通信規格が備え付けられています。

電子コンパス機能(半導体を用いたセンサ)により、地球の南北を通過する地磁気から方角を算出します。

分解能は0.15 µT/LSBで、-40 ℃から+85 ℃の温度環境で動作します。

パッケージの大きさは1.6 mm×1.6 mm×0.7 mmと小型で、スマートフォンやゲーム機器、ヘルスケア機器などに使用されます。

アルプスアルパイン株式会社の会社概要

製品を見る

UM2220: Getting started with MotionFX sensor fusion library in X-CUBE-MEMS1 expansion for STM32Cube

STマイクロエレクトロニクス株式会社 UM2220: Getting started with MotionFX sensor fusion library in X-CUBE-MEMS1 expansion for STM32Cube 画像出典: STマイクロエレクトロニクス株式会社公式サイト

特徴

モーションFXはX-CUBE-MEMS1と呼ばれるセンサ制御ソフトウェアの機能を拡張させることができるミドルウェア構成要素です。

加速度センサや角速度センサ、磁気センサからデータを取得し、リアルタイムでこれらを統合し処理します。

ライブラリに搭載されたフィルタリング機能と予測機能により、動作環境によらず複数のMEMSセンサからの出力を高度に統合することができます。

ARM Cortexベース・32ビットマイコンのSTM32上で使用されます。

ST MEMSを対象として設計されているため、他のMEMSセンサでは正常に動作しない可能性があります。

STマイクロエレクトロニクス株式会社の会社概要

製品を見る

地磁気センサーの12製品一覧

関連記事

カテゴリから探す