竹中電子工業株式会社
マルツエレック株式会社
パナソニック株式会社
オムロン株式会社

【2021年版】ビームセンサー メーカー9社一覧

ビームセンサーのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ビームセンサーとは

ビームセンサ(光電センサ)とは、光を出力する「投光部」と光を受ける「受光部」から構成されています。
さまざまな光の性質を利用して、投光部から投光される信号光が、検出物体によって遮断または透過されたり、反射するなどの変化を受けることにより、受光部で検知する光の量が変化します。この変化を検出して電気信号に変換し、出力信号を得ます。総称して「光を媒体として対象物を検知するもの」を指しています。使用される光は可視光と赤外光が多く占めています。

ビームセンサーの使用用途

ビームが遮断されることにより、以下の用途など多様に使用されています。

  • 超小型センサの場合は、半導体や電子業界にて、段差の検出や浮きの検出、位置決め等に利用されています。(加工穴の有無検出、部品位置決め、先端検出、基板の到着確認等)
  • 病院にて離床の際に、ナースコール等で知らせます。
  • 車庫前の出入口で通過があった場合にパトライト等で知らせます。また閉まりかけた扉を反転させ開き、安全を確保します。
  • 敷地内の夜間監視(特定の場所を通過した時に威嚇用の警報を鳴らします。資材置き場などの侵入者の感知を行います。)
  • 高所作業車が指定の高さを超えて侵入した場合の高さ制限を警報でお知らせします。

ビームセンサーの特徴

  • 投光方式は以下になります。
    • 変調式(パルス点灯方式)
      一般的なビームセンサ(光電センサ)は、パルス点灯方式を利用しています。パルス点灯方式とは、一定のパルス幅の強い光を一定の時間ごとに放射します。
    • 非変調式(直流点灯方式)
      非変調式(直流点灯方式)とは連続して一定光量の光を放射します。
  • ビームセンサの分類方法について説明します。
    • 検出形態
      投光と受光の方法として、透過型、ミラー反射型、反射型があります。
    • 構成
      電子回路の各構成が内蔵または分離浚えているかによって異なります。アンプ内蔵型、電源内蔵型、アンプ分離型、ファイバ型等があります。
  • 光源色の種類によって分類します。
    • 赤外
    • 赤色
    • 緑色
    • 青色
    • 3色(赤、緑、青)
  • 出力回路(出力回路の違いによって分類します)
    • NPNトランジスタ・オープンコレクタ
    • PNPトランジスタ・オープンコレクタ
    • 直流2線式
    • NPNトランジスタ・ユニバーサル
    • リレー接点
    • アナログ出力
    • アナログ電圧 

参考文献
https://www3.panasonic.biz/ac/j/service/tech_support/fasys/tech_guide/photoelectric/index.jsp
https://www.hero-jp.net/bouhan/SENCER.html
https://www.fa-mart.co.jp/sunx/67.html

ビームセンサーのメーカー情報

ビームセンサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 竹中電子工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 3plex株式会社
  2. 2 株式会社アイ・ティ・ブリッジ
  3. 3 株式会社サンプレジャー

歴史のある会社

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 マルツエレック株式会社

ビームセンサーのメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す