産業用製品比較のメトリー
メトリー
レイトロン株式会社
エイブリック株式会社

【2020年版】紫外線センサー メーカー5社一覧

紫外線センサーのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


紫外線センサーとは

紫外線センサは紫外線を検出するセンサで、強度や積算量まで把握することができる機種もあります。

紫外線は人体に有害な面もありますが、適度に浴びることはよい影響をもたらすので、殺菌や健康用途に利用されています。紫外線は目で見ることができないので、安全に活用するために、紫外線照射装置には紫外線センサが利用されています。

近年では紫外線の殺菌効果や、紫外線硬化樹脂が注目され、産業界だけでなく家庭でも紫外線照射装置が手軽に利用されるようになってきています。 

紫外線センサーの使用用途

人工的に紫外線を照射する機器は小型の健康器具から産業用途までいろいろと利用されており、こうした機器に必ず紫外線センサは搭載されています。紫外線は、浴びすぎると人体にとって有害になってしまうので、センサを利用してコントロールしています。

産業用途では、紫外線硬化樹脂や、半導体製造、紙幣の識別、印刷等に紫外線照射が利用されています。また、日焼けサロン等で利用されるマシーンや、紫外線の殺菌効果を期待した水虫の治療、空気清浄等にも利用されています。 

紫外線センサーの原理

紫外線センサには、主に紫外線シリコンフォトダイオードが利用されています。フォトダイオードに紫外線を含んでいる光を照射すると、反応して電流が流れます。紫外線の強度に応じて流れる電流値が変化します。その電流値(電圧値)を測定することで紫外線量を検出しています。

フォトダイオードの構造によって応答スピードや特性が異なります。構造は、ショットキー接合型、PN接合型、フォトコン型があり、それぞれ特徴を持つので、用途に応じて選択されています。そのため紫外線域での感度波長範囲はメーカーや機種により異なります。

ダイオードが太陽光や白熱灯に反応しないようにするために、紫外線以外の光をカットするためのフィルタがついているセンサや、高感度と低感度の紫外線センサの差分から、可視光域の成分を差し引くことで紫外線成分を高精度に検出するセンサなどがあります。

紫外線の受光素子にフォトダイオードでなく、光電子増倍管が使用されているセンサもあります。 

参考文献
https://www.ablic.com/jp/semicon/products/sensor/uv-sensor/intro/
http://www.mitsubishi-cable.co.jp/jihou/pdf/97/13.pdf

紫外線センサーのメーカー情報

紫外線センサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 エイブリック株式会社
  2. 2 レイトロン株式会社
  3. 3 竹中電子工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 エイブリック株式会社
  2. 2 レイトロン株式会社
  3. 3 竹中電子工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 松尾産業株式会社
  2. 2 株式会社住田光学ガラス
  3. 3 竹中電子工業株式会社

紫外線センサーのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す