竹中エンジニアリング株式会社
浜松ホトニクス株式会社
株式会社村田製作所
日本セラミック株式会社
三菱電機株式会社

【2021年版】赤外線センサー5選 / メーカー7社一覧

赤外線センサーのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


赤外線センサーとは

赤外線センサは赤外線領域の光を検出する素子をもつセンサです。赤外線センサは広く研究されており、受光素子の原理や材質もさまざまで、種類が多くあります。原理は主に熱型と量子型に分けられますが、さらに熱型で3種類、量子型でも5種類程度に分かれます。赤外線の波長は近赤外、中赤外、遠赤外に分類され、センサによって得意な領域があります。

赤外線センサは赤外線を検出するだけでなく、自ら赤外線を発し、対象物に照射後の赤外線を検出することで対象物との距離や物体の有無を確認するタイプの製品もあります。

赤外線センサーはリモコンや体温計など日常生活で用いられている

赤外線センサはリモコンや航空機関連、天気予報、宇宙開発や軍事機器等に利用されるほか、人体から発せられる赤外線に反応するので、カメラやサーモグラフィー、人感センサ等に利用されています。

来客の際のチャイム、電灯、トイレの水洗、エスカレータ、セキュリティシステム、盗難アラーム等、近年とくに生活に関わる場所で利用されることが増えています。非接触の体温計は赤外線センサが使われています。工場における安全対策にも赤外線センサはよく利用されています。

感度、原理が異なる二種類の赤外線センサがある

赤外線センサの原理は大きく分けて熱型と量子型があり、それぞれのセンサの代表的な原理をいくつか紹介します。

熱型

  • 焦電型赤外線センサは、強誘電体の焦電セラミックスを使用したセンサです。センサ自身が赤外線によって温められると、焦電効果によりセラミックス上の電荷量が変化し、流れる電流が変化する性質を利用しています。人体から発せられるわずかな赤外線も検出することができます。
  • サーモパイルは複数の熱電対を直列につないだ構造で、赤外線を受けると、そのエネルギーに応じて温度変化を起こす熱起電力型のセンサです。温度の検出ができるので温度計等に利用されます。

量子型
量子型赤外線センサは狭いバンドギャップを持つダイオードやトランジスタを利用し、赤外線エネルギーにより励起された光電子による電流を検出します。熱型の検出感度より100~1000倍高いです。センサ自体が発する熱を感知してしまうので、十分に冷却して使用する必要があります。

赤外線センサーと自動車

夜間運転は視界が悪く、事故の発生確率が高くなります。夜間運転の問題を解決して安全性を高める赤外線イメージセンサーが「新しい目」として注目を浴びています。

  • ナイトビジョンシステム
    歩行者や動物など熱を放射する物体や暗闇で見えにくい物体を映像化してディスプレイに表示します。遠赤外線を使ったパッシブ型は歩行者などからの放射を直接検出するのでライト照明は必要ありません。近赤外線を使うアクティブ型は近赤外線ライトで前方を照射して、その反射光を近赤外線カメラで撮影する仕組みです。
    GMやホンダ、BMWが遠赤外線方式を採用しています。トヨタは近赤外線式で実用化しています。
  • 車両周囲モニター
    一般的には、車両前後の中央と左右ドアミラー下の計4ヶ所に赤外線カメラが装備され、死角にいる歩行者を検知します。発進する時は歩行者がいると警報するとともに、発進を抑止するシステムが開発されています。
  • エアコンシステム
    乗員や内装から放射される遠赤外線を赤外線センサーで受光することによって物体の表面温度を非接触で計測し、吹き出し口を切り換えるなどの空調制御を行うシステムです。

赤外線センサーの欠点

赤外線センサーは動作原理上、検知しなかったり誤検知することがあります。

検出しにくいケースとしては、ガラスやアクリルなど、遠赤外線を透過しにくい物体がセンサと検知対象との間にある場合や検出範囲内の熱源がほとんど動かない場合、もしくは高速に移動する場合です。例として自動ドアは赤外線を照射して、その反射や透過量で物体を検知しますが、反射量の変化が小さい場合、床面と同じ色のものや、同じ素材のものを身につけていると変化が小さくなり、上手く検出されなくなることがあります。

人体以外の熱源で誤検出するケースは、たとえば太陽光、自動車のヘッドライト、白熱灯などの遠赤外線がセンサーに直射する場合や冷暖房機器の温風・冷風や、加湿器の水蒸気などにより検出範囲および、その周辺の温度が急激に変化した場合などがあります。

参考文献
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%A4%96%E7%B7%9A%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5
https://www.nicera.co.jp/products/infrared-sensor
http://sensait.jp/10910/
https://www.sensor-sk.com/ichi/ichi02_sekigaisen.html#:~:text=%EF%BC%92%EF%BC%8E%E8%B5%A4%E5%A4%96%E7%B7%9A%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%94%A8%E9%80%94,-%E2%96%A0&text=%E3%80%8C%E8%B5%A4%E5%A4%96%E7%B7%9A%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%80%8D%E3%81%AE%E7%94%A8%E9%80%94%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6,%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82&text=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%8B%95%E6%B0%B4%E6%A0%93%E3%82%84%E8%9B%87%E5%8F%A3%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%8B%95%E6%89%8B%E6%B4%97%E3%81%84%E3%80%82
https://clicccar.com/2020/04/01/964613/

Metoree カタログ
各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

赤外線センサーのメーカー情報

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

赤外線センサーのメーカー7社一覧


赤外線センサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 三菱電機株式会社
  3. 3 株式会社村田製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 日本セラミック株式会社
  2. 2 竹中エンジニアリング株式会社
  3. 3 浜松ホトニクス株式会社

歴史のある会社

  1. 1 三菱電機株式会社
  2. 2 パナソニック株式会社
  3. 3 パラマウントベッド株式会社

赤外線センサーのカタログ一覧(2件)


Metoreeに登録されている赤外線センサーのカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

センサテック株式会社のカタログ

形 PY2 焦電型赤外線センサのカタログ 形 PY2 焦電型赤外線センサ
形 PY2- □ 5 焦電型赤外線センサのカタログ 形 PY2- □ 5 焦電型赤外線センサ


赤外線センサー5選

超小型赤外線センサー PB-10NS

竹中エンジニアリング株式会社 超小型赤外線センサー PB-10NS 画像出典: 竹中エンジニアリング株式会社公式サイト

特徴

PB-10NSはアンプ分離型の超小型赤外線センサーです。

コントロールボックスサイズは、45mm(W)×120mm(H)×29mm(D)の超小型化を実現し、さらに設置距離に応じてセンサー感度を調整できるボリューム機能を搭載しているため、設置場所を選びません。

センサー検出は遮断方式を採用しており、検知応答時間は0.1秒以上、適応範囲は10m以内という仕様のため、監視・警備などの防犯用など、幅広い用途に対応します。

竹中エンジニアリング株式会社の会社概要

製品を見る

InGaAsフォトダイオード

浜松ホトニクス株式会社 InGaAsフォトダイオード 画像出典: 浜松ホトニクス株式会社公式サイト

特徴

浜松ホトニクスのInGaAsフォトダイオードは、感度波長域:0.5μm~2.6μmの広帯域に対応したラインナップの近赤外光検出用のフォトダイオードです。

近赤外光検出用のフォトダイオードは感度波長域が近赤外線帯域の広範囲に対応している他、高速、高感度、低ノイズを実現しています。

こうした汎用性の高いスペックのため、農業、通信、医療、天文学、宇宙など、身近な生活にかかわる分野から専門的な研究分野に至る幅広い分野で利用されています。

浜松ホトニクス株式会社の会社概要

製品を見る

焦電型赤外線センサ

日本セラミック株式会社 焦電型赤外線センサ 画像出典: 日本セラミック株式会社公式サイト

特徴

焦電型赤外線センサーは、人の体温36℃程度の物体から放たれる赤外線(9.4µm近辺)波長を検出するパイロセンサです。

パイロセンサとは、誘電体物質の温度変化両に比例してその表面に電荷が発生する特性(焦電効果)を利用したセンサーです。

焦電効果によって発生する僅かな電荷(赤外線)を検知できるため、高精度による人物のセンシングが可能になります。

パイロセンサーは赤外線防犯カメラや、自動照明機器、最近ではIoT家電製品などのモーションセンサとして幅広い用途で利用されています。

日本セラミック株式会社の会社概要

製品を見る

サーマルダイオード赤外線センサ「MelDIR」 MIR8032シリーズ

三菱電機株式会社 サーマルダイオード赤外線センサ「MelDIR」 MIR8032シリーズ 画像出典: 三菱電機株式会社公式サイト

特徴

MIR8032シリーズは、高画素化、高温度分布分解化を実現したサーマルダイオード赤外線センサーです。

検出対象の赤外線画像を取得することで、検出対象の動作を識別することで人物の動きを認識することができるため、防犯用途だけではなく、人数をカウントしたり、人物の動きに合わせた空調管理などの用途に最適です。

製品サイズは19.5×13.5×9.5 mmと従来製品の80%の小型化、省スペース化を実現しているため、様々な環境に設置可能です。

三菱電機株式会社の会社概要

製品を見る

赤外線センサー NN-3031

パラマウントベッド株式会社 赤外線センサー NN-3031 画像出典: パラマウントベッド株式会社公式サイト

特徴

NN-3031炭酸電池で電力供給できるコードレスタイプの赤外線センサーです。

本機付属のマグネットタイプの台座とクランプ式のアタッチメントを利用できるため、様々な場所や物に簡単に設置できるため、面倒なケーブルの取り回しが不要です。

また、動作検出と同時に照明が点灯する機能が搭載されているため、防犯用途や玄関照明などの家庭環境内での利用にも適しています。

検知範囲は0.5m~1.5mで調整可能です。

パラマウントベッド株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree