ローム株式会社
シチズン電子株式会社

【2021年版】フォトリフレクタ メーカー2社一覧

フォトリフレクタのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フォトリフレクタとは

フォトリフレクタは、発光素子と受光素子が一体となった小型の電子部品です。スマートフォンやパソコンのカメラ部分などに使用されています。発光素子は青色LEDや赤外線などが、受光素子にはフォトトランジスタが使用されおり、発光素子から出た光が測定対象の物体に反射した光を受光素子で検出することで動作します。フォトリフレクタによって、対象物があるかないかの判定、対象物の色の濃淡を検出することができます。検出距離が限定されることや、検出する物体が限定的なことが難点です。

フォトリフレクタの使用用途

フォトリフレクタは、スマートフォンやパソコン、DVDプレイヤーなどの電子機器で使用されます。使用される方法としては、測定対象の物体があるかないかの判定の機能があるので、カメラのフォーカス時のレンズの位置検出や、DVDプレイヤーにおけるDVDが正しく装着されているかどうかの判別などです。また、電子工作において、ロボットが線上を移動する時の経路の判定にも使用されます。フォトリフレクタの選定の際には、発光素子の種類や受光素子の感度、サイズ、耐久性を考慮する必要があります。

フォトリフレクタの原理

フォトリフレクタの動作原理を説明します。フォトリフレクタは、青色LEDや赤外線、紫外線を発光する発光素子、フォトトランジスタの受光素子、それぞれの素子から伸びている接続端子で構成されています。発光素子から照射されている光が、測定対象の物体によって反射され、受光素子で検知し、接続端子から制御機器などに情報が送られることによって、物体のあるかないかの判定などをすることができます。

物体が光を反射する際、フォトリフレクタから近ければ、それだけ反射する光の量は大きくなるので、物体の接近の検知にも利用できます。また、光は色によって、反射のしやすさが違ってくるので、光の大きさを検知することで色の違いや濃淡を検出することもできます。使用する発光素子が照射する色を変えることで、色の判別も可能になります。

参考文献
https://www.njr.co.jp/tech/semicon/info4/index.html
https://www.rohm.co.jp/electronics-basics/photointerrupters/pi_what

フォトリフレクタのメーカー情報

フォトリフレクタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ローム株式会社
  2. 2 シチズン電子株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 シチズン電子株式会社
  2. 2 ローム株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ローム株式会社
  2. 2 シチズン電子株式会社

フォトリフレクタのメーカー2社一覧


関連記事

カテゴリから探す