株式会社日本アレフ
パナソニック株式会社

【2021年版】マイクロフォトセンサー メーカー6社一覧

マイクロフォトセンサーのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


マイクロフォトセンサーとは

マイクロフォトセンサーとは、光を利用して物体の有無や位置を調べる装置のことです。一般的に透過型のフォトインタラプタと反射型のフォトリフレクタに分けられます。非常に小型で様々な機械の内蔵用として利用されています。光を放った後、その光がどのように帰ってきたのかを調べることで対象の様子を測定できます。発光素子としては赤外のLEDが使用されるのが一般的です。また、性能の割に安価なため広く用いられています。

マイクロフォトセンサーの使用用途

マイクロフォトセンサーは光によって物体を検出しますが、用途に応じて適した方法が違います。

まずは、透過型のフォトインタラプタです。送信と受信端子で測定対象を挟んでいるため、信頼性が高い装置です。例えば、現金やチケットなどの高い精度が求められるものの検出に用いられます。

次に、反射型のフォトリフレクタです。放った光を対象物体で反射して受け取る構造のため、ある程度の距離がある物体の測定に適している方法です。

マイクロフォトセンサーの原理

マイクロフォトセンサーには用途に応じて様々な方式が存在します。ここでは、代表的な二つの方法の原理や特徴についてご紹介します。

  • 透過型マイクロフォトセンサー
    片側から光を放ち、もう片側で光を受け取る方法です。フォトインタラプタとも呼ばれます。物体が間を通過すれば光が遮られるため、対象の有無を検知することができます。単純な構造をしており、精度が高い方法です。しかし、発光部分と受光部分との距離は測定装置によって決まっているため、間を通る物体の大きさは限られます。この問題を解決するために発光部分と受光部分を切り離した、分離型のマイクロフォトセンサーも存在します。
  • 反射型フォトマイクロセンサー
    測定対象に光を反射させて計測する方法です。フォトリフレクタとも呼ばれます。放たれた光は測定対象で反射し、受信部で受け取られます。反射の有無によって物体の有無を判断しているのです。また、反射してくる光量の違いで測定対象の位置を測ることもできます。装置から測定物までの距離がある程度あっても計測することができます。

参考文献
https://www.omron.co.jp/ecb/sensor/pms-basics/basics?sectionId=basic#basics01
https://www.fa.omron.co.jp/guide/technicalguide/24/20/index.html#3
https://www.photosensor-blog.jp/blog/2018/11/21/firstphotosensor/2/

マイクロフォトセンサーのメーカー情報

マイクロフォトセンサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 株式会社日本アレフ
  3. 3 株式会社高木商会

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社サンプレジャー
  2. 2 株式会社高木商会
  3. 3 千代田電子機器株式会社

歴史のある会社

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 株式会社日本アレフ
  3. 3 竹中電業株式会社

マイクロフォトセンサーのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す