【2021年版】画像判別センサー メーカー1社一覧

画像判別センサーのメーカー1社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


画像判別センサーとは

画像判別センサーとは、カメラの映像から画像処理を行って得られた画像を用いて、指定した対象物を認識し、その特徴量を算出することで、特定のものがあるかどうかや違いがあるかどうかなどを判別して、データとして出力することができるセンサーのことです。

画像判別センサーの使用用途

ここで、画像判別センサーは、画像を用いた検査や検出などの目的で非常に広い分野の業界で使用されています。
検査の種類も様々で、組み立て検査、不良品検査、ミスがないか検出するなど、様々な用途に活用されています。
ここでは、その一部を処理方法とともに紹介します。

  • 異物混入検査
    基準になる画像パターンを登録し、そのモデルに似ているか否かを判断することで、異物の混入を調べることが出来ます。
  • 輪郭検出
    条件に、探す方向と色の変化を設定し、画像の濃度と明暗の差分を認識することで、輪郭を検出できます。
  • 文字確認検査
    部品の刻印や、ラベルや賞味期限の印字など、製品に正しく印字がされているかどうかを判別します。

画像判別センサーの原理

ここでは、画像判別センサーの原理について説明します。
画像の「面」でとらえる原理を用いているため、対象物を広くとらえることができるので、一定の動きではない対象物であっても、判別することが出来ます。
画像判別センサーは、カメラで撮影した映像を画像処理することで、特徴量を抽出し、判定を行います。
まず、画像処理では、効率よく最適な画像を得ることが出来るように、前処理を行います。
さらに、不要な背景部分を排除して、計測の対象から除いたり、対象物の位置が基準位置に収まるように修正して、計測領域からずれないように設定したりします。
これらを経て、特徴量の抽出をし、そのデータを元に、判定を行います。
ここで、特徴量の抽出方法について説明します。
モノクロ判別では、白黒の明暗と濃淡の差を用いて、これを認識することで、輪郭を判定し、形状を判別しています。
カラー判別では、光の情報を三原色に分解することでカラーで認識することができるため、モノクロ判別では難しかった濃淡に差がない場合も認識することが出来ます。

参考文献
https://www.fa.omron.co.jp/products/category/sensors/vision-sensors_machine-vision-systems/
https://www.fa.omron.co.jp/guide/technicalguide/44/16/index.html
https://www.keyence.co.jp/ss/products/sensor/sensorbasics/vs_info.jsp
https://www.keyence.co.jp/products/sensor/vision-sensor/
https://www.keyence.co.jp/ss/products/vision/iv-casestudy/example/food_pharmaceuticals_cosmetics/

画像判別センサーのメーカー情報

画像判別センサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社キーエンス

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社キーエンス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社キーエンス

画像判別センサーのメーカー1社一覧


関連記事

カテゴリから探す