オムロン株式会社
SMC株式会社
ifm efector株式会社

【2021年版】フローセンサー2選 / メーカー3社一覧

フローセンサーのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フローセンサーとは

フローセンサーは、配管内のガスや液体の流量を制限したり、計測する電気のデバイスです。一般的にはフローメーターと呼ばれます。フローセンサーは一般的にゲージ、配線に接続された状態で計測します。パソコンやデジタルのインターフェースに接続して用います。

フローセンサーは主に2タイプに大別されます。それは、接触式と非接触式です。接触式は、センサー部品である可動部がガスや液体と接触し、配管において抵抗にならないよう流量を計測します。非接触式は、可動部がなく、コンタミなどが最悪生じてもガスや液体の流量を計測することができます。

フローセンサーの使用用途

フローセンサーは、コンタミもしくは汚染による液体の状態変化における、液体のリークや配管の破裂を検知する役割があります。

フローセンサーは、自動車、医療、ビルディング、産業機器やスマートエナジーなど幅広い分野で使用されています。使用されている具体的な製品やシステムは、HVACシステム、医療機器、化学工場や汚水処理システムなどが挙げられます。

一例として、燃料を噴射する内燃機関においては、燃焼室における空気の質量流量を計測するためにフローセンサーが用いられます。フローセンサーは取り付けが容易であるため、上記の様な使い方が可能です。

フローセンサーの原理

フローセンサーは複数の種類に分かれますが、ここでは接触式の機械タイプと非接触式の電磁タイプの仕組みと原理をそれぞれ紹介します。

  • 機械タイプのフローセンサー
    機械タイプのフローセンサーは、プロペラなどの回転物を有しています。配管内の液体の流れが内部の回転物を回転させ、液体の流量は回転物の回転数に比例します。よって、回転物の回転数に比例した信号が出力されます。原理はシンプルですが精度よく流量を計測するには、配管径や液体の温度を事前に想定しておき、最適なタイプのフローセンサーを選定する必要があります。
  • 電磁タイプのフローセンサー
    電磁タイプのフローセンサーは、ファラデーの法則に基づいています。このフローセンサーの内部には、磁界を発生する電磁コイルと、起電力をとらえる電極があります。まずはじめに、計測される液体は導体でなければなりません。電圧は、液体の平均流速×磁場の強さ×導体の長さ(配管径)に比例して計測されます。この電圧を入力して、液体の流量を検知します。

参考文献
https://www.fierceelectronics.com/sensors/what-a-flow-sensor#:~:text=A%20flow%20sensor%20(more%20commonly,gasses%20within%20pipes%20and%20tubes.&text=Flow%20sensors%20are%20able%20to,due%20to%20contamination%20or%20pollution.
https://realpars.com/how-flow-meters-work/

Metoree カタログ
各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

フローセンサーのメーカー情報

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

フローセンサーのメーカー3社一覧


フローセンサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 SMC株式会社
  3. 3 ifm efector株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ifm efector株式会社
  2. 2 SMC株式会社
  3. 3 オムロン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 SMC株式会社
  3. 3 ifm efector株式会社

フローセンサーのカタログ一覧(1件)


Metoreeに登録されているフローセンサーのカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

関西オートメイション株式会社のカタログ

マイクロウェーブ式FM_MFMF2DS-265-_1904Jのカタログ マイクロウェーブ式FM_MFMF2DS-265-_1904J


フローセンサー2選

D6F-A7D / -AB71D

オムロン株式会社 D6F-A7D / -AB71D 画像出典: オムロン株式会社公式サイト

特徴

D6Fシリーズは、微小な気体の流れを高精度に検知することができる、MEMSフローセンサです。

気体の流れがある、風上・風下での温度差をサーモパイルの起電力としてセンシングすることで、流量・流速を計測します。

温度・圧力に影響されない計測が可能です。

また、独自の立体流路構造による耐ダスト構造により、設置場所を選びません。

目詰まり検知、燃焼制御、流量計測、風量検知といったシーンに使用されます。

独自のMEMS構造により、わずかな風速をセンシングし、製品の小型化を実現します。

D6F-A7D/-AB71Dは、デジタル補正により高精度化を実現しています。

0~70L/minのラインナップがあり、クイックファスナ化により配管工数が低減が期待できます。

オムロン株式会社の会社概要

製品を見る

PFMV

SMC株式会社

特徴

PFMVは、微小ワークの吸着確認などに使用されるフローセンサのシリーズです。

圧力センサでは、吸着前後で圧力差を大きく検出できない場合があります。

流量センサでは、流量差によって安定した検出が可能です。

PFMVでは、その他、簡易的な漏れ試験や着座確認が可能になります。

さらに高い繰返し性と小型化を実現しています。

圧縮空気の場合、ドライヤから、エアフィルタを介してレギュレータと連結することで圧力を調整します。

そこから、マイクロミストセパレータを通してフローセンサに配管して使用します。

センシングした結果は、電圧モニタより出力させることができます。

SMC株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree