英和株式会社
株式会社堀場製作所
株式会社トーケミ
ハカルプラス株式会社
エア・ブラウン株式会社

【2021年版】水質センサー メーカー13社一覧

水質センサーのメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


水質センサーとは

水質センサーは、水質の測定を行うために複数項目のセンサーを組み合わせたものです。製品によりますが、pH(水素イオン濃度)、ORP(酸素還元電位)、DO(溶存酸素)、EC(電気伝導度)等のセンサーを備えているものが多いです。これらの項目以外に水温や水位・水圧などを測れるタイプもあります。さらに、設置するタイプと、持ち運びができるポータブルタイプがあります。ポータブルタイプは、棒状のセンサーと、本体(モニターとボタン)がケーブルで繋がっています。電極を水面に入れて本体のパネルから数値を読み取ります。

水質センサーの使用用途

水質センサーは、主に野外や工場などの実務現場における使用が想定されています。例えば、研究機関などによる、河川や湖沼、海での水質の測定、農業の現場において水耕栽培や液肥・農業排水などの管理、工場での排水管理などを目的として使用されています。野外や現場での使用において、落下などのリスクが想定されるため、堅牢で片手でも操作しやすいよう設計されています。また、熱への適応力が高く、温度変化が激しい場所でも測定ができるように開発された機種も販売されています。

水質センサーの原理

複数の水質を測定できるセンサーが必要に応じで組み合わせられているため、機器によって採用されているセンサーは異なります。そのためキャリブレーションの方法や取り扱いの注意事項、各パーツの寿命は機器ごとにより異なるため注意が必要です。水質センサーの主要な測定項目とその意義を、以下で説明します。

  • pH(水素イオン濃度)
    pHは、水の基本的な性質を表します。河川水は基本的に7前後を示しますが、場所や条件によって変化するため、水質調査において主要な項目とされています。
  • ORP(酸素還元電位)
    溶存している酸化体と還元体のバランスによって決まる電位を表します。水の酸化性または還元性を示し、pHと似た方法で測定されます。
  • DO(溶存酸素)
    水質に溶存している酸素の量を示し、この値は温度や塩分濃度・気圧によって変動します。水中の生物は水に溶けている酸素を消費して生きているため、生物の生存しやすさの一つの指標として用いられています。
  • EC(電気伝導率)
    水中の電気の通りやすさを表します。純水は電気を通しませんが、水中の電解質が多いほど電気が通りやすくなりECは上昇します。例として、排水に溶けている窒素等が多いほど、ECは高い値を示します。

参考文献
http://www.weather.co.jp/catalog_html/CWQ-series.html
https://www.oyo.co.jp/products_lists/multi-water-meter/
https://www.i-enter.co.jp/solution/marine-tech/iot-wqsensor/
https://www.rex-rental.jp/large/120/middle/050/product/20920
https://www.horiba.com/jp/application/material-property-characterization/water-analysis/water-quality-electrochemistry-instrumentation/

水質センサーのメーカー情報

水質センサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社堀場製作所
  2. 2 東亜ディーケーケー株式会社
  3. 3 英和株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 オプテックス株式会社
  2. 2 クリマテック株式会社
  3. 3 ワイエスアイ・ナノテック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ハカルプラス株式会社
  2. 2 富士精密電機株式会社
  3. 3 東亜ディーケーケー株式会社

水質センサーのメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す