日本電熱株式会社

【2021年版】蒸気ボイラ メーカー12社一覧

蒸気ボイラのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


蒸気ボイラとは

蒸気ボイラとは水を沸騰させて高温の蒸気とさせて供給する設備となります。

蒸気機関車も広義に解釈すれば蒸気ボイラの一種から機関車の動力を得ている機関車となります。

蒸気ボイラは現在でも多く使われていますが、その多くは熱を必要とする用途になります。例えば室内の暖房から食品の殺菌まで非常に多く用いられています。

蒸気は元々が水なので高温・高圧という危険なところもありますが、水に戻れば危険性はほとんどありません。その為数多くの工業で蒸気は用いられています。

蒸気ボイラの使用用途

蒸気ボイラは恐らくほとんどの工場では設置されていると思います。熱を必要とする個所があれば蒸気を有効に利用していることは非常に多いです。

例えば食品工業では食品の殺菌に用いられます。直火で殺菌をしようとすると焦げ付きなどの恐れがあるので、かなり慎重な熱のコントロールや攪拌などの必要がありますが、蒸気であれば直接材料に吹き込んでも全く問題ありません。

それ以外にも温水が必要な場合や昇温のスピードを大きくしたい場合などによく使われます。元々の物質が安全で蒸気になれば保有熱量が大きい蒸気は数多くの工業に用いられているのです。

蒸気ボイラの原理

蒸気ボイラは水を蒸発させて蒸気を発生させていますが、その蒸気の発生方法は多くあります。

例えば炉筒煙管ボイラや水管ボイラは多くの蒸気を必要とする工場に設置されています。その一方で還流ボイラは上記使用量がそれほど多くなく、かつ24時間連続で自動的に運転させたい場合に向いています。

これらは構造的には違いますが、基本的には都市ガスなどの燃料を燃焼させることで蒸気を発生します。また、排ガスに含まれる熱も有効利用するために、エコノマイザと呼ばれる熱交換機で給水温度を上げることでガスの使用量を削減して省エネを図っています。

特に還流ボイラは法律上伝熱面積の計算が少なく済みますので、同じ蒸気発生量でも伝熱面積の計算が炉筒煙管ボイラや水管ボイラより少なくなります。

それにより、ボイラー技士の免許を持っていなくても管理することができるので、還流ボイラを何台も設置して運用している会社もあります。

このようにボイラー技士の免許がいる場合もあるのでどのようなボイラーが自分の会社に適しているのかは、ボイラーを製造している会社とよく話し合う必要があります。

参考文献
https://www.miuraz.co.jp/product/boiler/steam_boiler.html
https://eee.tokyo-gas.co.jp/product/steamboiler/index.html
https://www.keiyogas.co.jp/business/kiki/steam/type.html

蒸気ボイラのメーカー情報

蒸気ボイラのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三浦工業株式会社
  2. 2 株式会社日本サーモエナー
  3. 3 株式会社サムソン

設立年の新しい会社

  1. 1 Henan Yinchen Boiler Group
  2. 2 マルオカ産業株式会社
  3. 3 株式会社ビクター特販

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ヒラカワ
  2. 2 株式会社ニイミ
  3. 3 株式会社サムソン

蒸気ボイラのメーカー12社一覧


関連記事

カテゴリから探す