株式会社日本ピスコ
株式会社コガネイ
株式会社TAIYO
山本産業株式会社
フエスト株式会社
SMC株式会社
CKD株式会社

【2021年版】真空エジェクタ メーカー11社・62製品一覧

真空エジェクタのメーカー11社・62製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


真空エジェクタとは

真空エジェクタとは、コンプレッサーなどの圧縮エアーを使用することで、ベンチュリ効果による真空を発生させる機器です。

真空エジェクタは、真空ポンプなど複雑な機械的構造を備えた真空発生機器とは異なり、機器内部にベンチュリ効果による真空発生構造を備えたシンプルな構造が特徴です。このベンチュリ効果を発生させるために、生産現場などで使用される圧縮されたエアーが用いられることで、部品の持ち上げ動作などに必要な真空がエジェクタによって得られます。

真空エジェクタの使用用途

一般的に真空エジェクタは、機器単体で使用することは無く、真空エジェクタの真空ラインを延長した先に吸着パットが用いられます。この吸着パットは、ワークの重量やサイズ、材質に応じて吸着パットの形状や材質の選定が必要ですが、真空エジェクタと吸着パットによって部品のピックアップやワークの搬送などに利用されます。

また、真空エジェクタと吸着パットを複数使用することで、自動車生産工場におけるフロントガラスなどの重量物のピックアップや搬送などにも利用されます。

真空エジェクタの原理

真空エジェクタは、真空ポンプなど複雑な機械的構造を備えた真空発生機器とは異なり、機器内部にベンチュリ効果による真空発生構造を備えたシンプルな構造が特徴です。

また、真空エジェクタの構造は、機器内部に圧縮エアー入口、ノズル部、ディフューザー部、圧縮エアー出口が直線上に設けられ、このノズル部とディフューザー部の間に真空発生ラインが垂直に設けられ、これらの構造よってベンチュリ効果が得られるようになっています。

このベンチュリ効果による真空発生の原理は、圧縮エアー入口より小径となったノズル部によって絞られた流体が高速化することで、ノズル部とディフューザー部の空間で圧力が低下すると同時に真空が発生します。ノズル部とディフューザー部の空間で発生した真空は、垂直に設けられた真空ラインによって得られると同時に、吸引された流体と圧縮エアーの混合流体は、高速化したままディフューザー部と出口に向かい排出されることで高い真空度が得られます。

参考文献
http://www.hokuto-mfg.com/product/item04.html
https://www.pisco.co.jp/dl/pdf/VGVP4-01_01.pdf

真空エジェクタのメーカー情報

真空エジェクタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 フエスト株式会社
  2. 2 SMC株式会社
  3. 3 CKD株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 シュマルツ株式会社
  2. 2 株式会社TKY
  3. 3 株式会社日本ピスコ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社TAIYO
  2. 2 株式会社コガネイ
  3. 3 CKD株式会社

真空エジェクタのメーカー11社一覧


真空エジェクタの62製品一覧

真空エジェクタのオンライン購入


モノタロウでチェック


ミスミでチェック

関連記事

カテゴリから探す