株式会社日本ピスコ

【2021年版】真空発生器 メーカー2社一覧

真空発生器のメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


真空発生器とは

真空発生器は、文字通り真空を作り出す機器を言います。真空発生器にはエジェクター、真空ポンプ真空ブロワの三種類が存在します。それぞれ用途によって使い分けます。真空の用途として、吸着パッドによる吸着・系内を減圧することによる脱気が大きな項目として挙げられます。

真空発生器の中でもエジェクターは原動力をエアーとすることで危険物使用区域でも使用できる、非常に有用な機器となります。一方で真空ポンプや真空ブロワは電動のため効率よく真空をつくることができます。 

真空発生器の使用用途

真空状態の用途として、吸着パッドによる吸着が挙げられます。これはロボットなどで搬送する際にワークを吸着させて持ち上げるのに使用します。もう一つの用途として、系内を減圧することによる脱気が挙げられます。これは例えば参加しやすい物質があるとして、そこから空気(酸素)を取り除くことで酸化を防ぎます。

真空発生器の中でもエジェクターはエアーを用いているため、小型でシンプルなところから安価に真空発生したい場合に用いられます。真空ポンプは高い真空度を得るのに、真空ブロワは通気性のあるワークの吸着に用いられます。

真空発生器の原理

エジェクターはベンチュリ―効果を用いて真空発生させます。エジェクター内は部分的に絞られた構造となっており、そこを駆動流体であるエアーが通ると高速で通り抜けます。高速で通り抜けたところは部分的に真空になります。このような原理のため、駆動源は流体を用い、多様性があります。蒸気・空気・水・など様々な流体を使用できます。

真空ポンプはモーターの回転によりベーンが回り、ケーシング内の気体を密封しながら排出します。連続的に気体の排出を行い、動力としてモーターを使用できるため、高い真空度や排気速度を達成することができます。沸点を下げるための減圧機器としても用いられています。

真空ブロワはモーターを回すことで内蔵された羽を回転させます。羽が回転することで気体を取り込みます。気体を引き込むことで気体を圧縮して真空状態にします。吸い込み量が大きいことが特徴です。ただし、原理上吸着させるワークに通気性がある方が効率よく使用することができます。 

参考文献
http://www.hokuto-mfg.com/product/item04.html
http://www.schmalz.co.jp/products/vacuum-components/vacuum-generators/ejector.html
http://www.schmalz.co.jp/products/vacuum-components/vacuum-generators/vacuum-pump.html
http://www.schmalz.co.jp/products/vacuum-components/vacuum-generators/vacuum-blower.html

真空発生器のメーカー情報

真空発生器のメーカー2社一覧


真空発生器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社日本ピスコ
  2. 2 シュマルツ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 シュマルツ株式会社
  2. 2 株式会社日本ピスコ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社日本ピスコ
  2. 2 シュマルツ株式会社

関連記事

カテゴリから探す