株式会社タック技研工業

【2021年版】タッピングマシン メーカー11社一覧

タッピングマシンのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


タッピングマシンとは

タッピングマシンとは、鉄板や、ステンレス板や、アルミ板など金属にネジを加工する機械のことで、タッパーとも言われています。

標準的なタッピングマシンでは、1つずつネジを加工していきます。

その一方で、一度に何個もネジを加工できるタイプや、プログラムにより自動でネジを加工するマシンもあります。

タッピングマシンの使用用途

タッピングマシンは、鉄板や、ステンレス板や、アルミ板など金属にネジを加工する際に、ねじ穴を作成する用途で用いられています。

その対象となるのは、六角、四角、フランジ、丸ナット、ベントタップ、ストレートタップ、フランジナット、袋ナット、アルミナットなど多岐にわたります。

タッピングマシンの原理

タッピングマシンでは、切削によるネジ加工において、開けられた下穴に対してタップと呼ばれている、ドリルの様な専用の工具を回転させながら、差し込むことで、材料を削りながらネジ穴を作っていきます。

その際にタップと材料に切削油を付けながら作業をする必要があります。

これも全て自動で行うことは可能ですが、タッピングマシンの場合は作業者が切削油を付けながら加工をするので、効率を考え自動的に切削油がタップと材料に掛かる仕組みを工夫してタッピングマシンに取付けられているものもあります。

また、ネジの加工忘れなどを防ぐために、デジタルカウンタも取り付けられており、作業者が確認を行いながら作業を行うことを可能にしています。

そして、標準ハイスタップから特殊超硬タップまで対応できます。

シーケンサによるサーボコントロールで全体の速度、トルク、動作を制御し精度の高いリード(ピッチ)送りタッピングを可能にしています。

部品交換なしで軸回転、送り速度を簡単、正確に設定変更することが可能にしています。

タッピング中のタップ振れを軽減するシステムがあるものもあります。

ベント・ストレートタップに一台で対応できる互換設計されています。

タップ寿命全体のトルク傾向をグラフ化し品質の分析、管理、改善に役立つことができます。

オンライン接続によってさまざまなタッピングデータを離れた環境で監視、保存可能にしています。

タッピングデータを分析し設定、運転中に自動判断、自動調整することで効率的な運転を実現しています。

参考文献
https://blog.goo.ne.jp/marui_0101/e/493d5256deca530904cb2b9442e2b4d4
http://nippon-tapper.co.jp/Products-PAC.html
https://www.ipros.jp/product/detail/2000196233
http://www.nippon-tapper.co.jp/Products.html

タッピングマシンのメーカー情報

タッピングマシンのメーカー11社一覧


タッピングマシンのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ブラザー工業株式会社
  2. 2 株式会社日伝
  3. 3 株式会社キラ・コーポレーション

設立年の新しい会社

  1. 1 日本タッパー株式会社
  2. 2 Dongguan Baoke Precision Machinery Co., Ltd.
  3. 3 遠州工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ブラザー工業株式会社
  2. 2 株式会社日伝
  3. 3 株式会社キラ・コーポレーション

関連記事

カテゴリから探す