横河計測株式会社
株式会社東陽テクニカ
株式会社エーディーシー
日本電計株式会社

【2021年版】電圧発生器 メーカー7社一覧

電圧発生器のメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


電圧発生器とは

電圧発生器(英語:Voltage generator)とは任意の電圧を高精度で発生させ用途に応じて、出力するための発電機(ジェネレータ)である。

良く使われる用途としては、研究開発段階における試験時に任意の電圧を取り出すために使用されます。

計測機器メーカーから様々な種類の電圧発生器が販売されており、使用環境や使用用途・目的に応じて適切なものを選定する必要性があります。

特にCASE対応の関係で車載部品開発分野における試験用途での電圧発生器の需要が伸びている。

電圧発生器の使用用途

電圧発生器はCASE対応におけるxEV向け電子機器部品開発における試験の中で任意の電圧を取り出すことを目的に利用されます。

電圧発生器は、昨今の状況では4つのタイプに大別でき、使用目的、使用環境などに合ったタイプの電力変換器を選ぶ必要があります。

電圧発生器の区分を以下に記載します。

  • バイポーラ出力:
    切替なしで正極性に渡り出力

4象限出力(ソース、シンク動作)

  • リニアバイポーラ出力:交流直流変換

切替ありで正負両極性に渡り出力

2象限出力(ソース、シンク動作)

電圧発生器の原理

ここでは電圧発生器の原理について説明します。

電圧発生器は、発生ファンクション指定により、任氏の電圧発生が可能なようにコイル、共振機構、制御基板、を複雑に組み合わせた構成で成り立っています。

電圧発生器は正負極のソース/シンク、4象限動作が可能なバイポーラ出力の元、高速ダイナミック特性を持ち合わせた、高出力/高電圧アナログ波形制御が可能です。

電圧発生器はCASE対応におけるxEV向け電子機器部品開発における試験の中で重要な役割を担っており、任意の電圧を取り出すために活用されます。

増幅回路の単純化、小型化のために希少金属を組み合わせた材料による昇圧・降圧技術の開発も行われており、今後より幅広い用途での利用が期待されている。

メリットとデメリットは以下となります。

メリット:高精度で高品質な任意の電圧取り出しが可能。

デメリット:特別高圧レベルの電圧発生を行う場合、かなり大掛かりな設備が必要となる。

参考文献
https://www.adcmt.com/products/vig/6240
https://www.toyo.co.jp/material/products/list/contents_type=762

電圧発生器のメーカー情報

電圧発生器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本電計株式会社
  2. 2 株式会社東陽テクニカ
  3. 3 横河計測株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エーディーシー
  2. 2 山脇電子工業株式会社
  3. 3 小林計測器株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日本電計株式会社
  2. 2 株式会社東陽テクニカ
  3. 3 横河計測株式会社

電圧発生器のメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す