ロジー電子株式会社
シャープ株式会社

【2021年版】イオン発生装置 メーカー5社一覧

イオン発生装置のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


イオン発生装置とは

イオン発生装置は、電気や機器的な力、紫外線などを用いてイオンを発生させる装置になります。イオン発生期によって発生させるイオンは、殺菌や、静電気の除去、集塵など様々な用途で使用されます。イオンを発生させるためには、コロナ放電を起こし、プラズマを発生させて負のイオンを発生させる方法、光電効果によって負のイオンを発生させる方法、レナード効果と呼ばれる方法などがあります。

イオン発生装置の使用用途

イオン発生装置は、家庭から公共施設、病院、工場まで幅広く使用されています。使用例としては、空気清浄機内に設置し、カビなどの有害な微生物を殺菌することや、正と負のイオンを静電気が発生している部分に当てて静電気を除去すること、発生させた静電気によって、静電気を帯びている塵を収集することなどになります。イオン発生装置の選定の際には、イオンの発生量や正と負のイオンの比率や精度、使用する電力、メンテナンス性などを考慮する必要があります。

イオン発生装置の原理

イオン発生装置の動作原理を、コロナ放電、光電効果、レナード効果に分けて説明します。イオン発生装置は、イオン発生部とイオン送信部で構成されています。イオン発生部では、電気や光電効果、レナード効果によってイオンを発生させます。イオン送信部では、送風などを行いイオンを輸送します。

  • コロナ放電
    針状の電極と平板の間に高電圧を流し、電極間に空気を送付することでコロナ放電を起こさせ、電極の先でプラズマを発生させ、正と負のイオンを発生させます。その時、正のイオンは電極によって吸収されるため、負のイオンのみが輸送されます。
  • 光電効果
    紫外線ランプなどの発光体を光電子放出素材で囲まれた構造をしています。動作時は、光電子と親和性の高いガスと空気を装置に送り込み、発光体を発酵させ、その光によって光電子放出素材から発生する光電子と光電子と親和性の高いガスが結合し、負のイオンが発生します。
  • レナード効果
    ポンプと衝撃発生装置、輸送部で構成されています。ポンプから供給された水が衝撃発生装置によって微小な水滴となり、その時に負のイオンが空気中に放出されます。その負のイオンを輸送することでイオンを取り出します。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jar/18/1/18_1_20/_pdf
https://www.inpit.go.jp/blob/katsuyo/pdf/chart/fippan11.pdf

イオン発生装置のメーカー情報

イオン発生装置のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 シャープ株式会社
  2. 2 フジテック株式会社
  3. 3 ロジー電子株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 有限会社アイエスシー
  2. 2 杉元産業株式会社
  3. 3 ロジー電子株式会社

歴史のある会社

  1. 1 シャープ株式会社
  2. 2 フジテック株式会社
  3. 3 ロジー電子株式会社

イオン発生装置のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す