ローム株式会社
ルネサスエレクトロニクス株式会社
ラティスセミコンダクター株式会社
トレックス・セミコンダクター株式会社
セイコーNPC株式会社
ザイリンクス株式会社
オン・セミコンダクター
アナログ・デバイセズ株式会社
Telephonics Corporation
LSI Computer Systems, Inc.
Diodes Incorporated
CISSOID

【2021年版】クロックジェネレータ5選 / メーカー17社一覧

クロックジェネレータのメーカー17社・70製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


クロックジェネレータとは

クロックジェネレータとは、デジタルクロックと呼ばれる一定の周波数の信号を定常的に発生させる装置のことです。

このクロックは電子機器にタイミングを伝える役目をしており、そのタイミングに応じて幅広い周波数帯の信号を正確に発振することができるクロックジェネレータは、様々な電子機器の動作に欠かせない装置となっています。

クロックジェネレータの使用用途

パソコンなどの電子機器の内部回路を正確に動作させるためには、一定の周波数の信号を送り続けることが必要であり、その際にクロックジェネレータが活用されます。

クロックジェネレータは正確な周波数を定常的に発振し続けるわけですが、その周波数と精度は内部の振動子と呼ばれる素子に依存します。

一般的に使用される振動子は水晶が多いですが、より高精度が要求されるクロックジェネレータにはルビジウムなどのレアメタルも使用されています。

クロックジェネレータの原理

クロックジェネレータ内部には、水晶に代表される物質で構成される振動子と呼ばれる部品が入っています。

高純度で結晶化した人口水晶は、圧電効果と呼ばれる特性を持ちます。この特性のおかげで水晶は圧力と電気を変換する素子となることができ、印加電圧に応じて振動します。

この振動数は、水晶のカットの仕方によって決まるため、目的の周波数の振動が起こる水晶振動子を用いることで、規則的な振動を安定的に作り出すことができます。

振動子が生み出す一定の周波数の振動は、アナログで生み出す信号とは違い、対称性の高い結晶がみずから生み出す振動のため、非常に安定しています。そのため、クロックジェネレータは非常に安定したクロックを長い時間にわたって維持することができるわけです。

さらに水晶振動子は非常に小型なため、近年小型化の一途をたどる精密電子機器との相性も抜群です。

参考文献
https://www.cornestech.co.jp/tech/srs/products/product6/

クロックジェネレータのメーカー情報

クロックジェネレータのメーカー17社一覧


クロックジェネレータのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オン・セミコンダクター
  2. 2 Texas instruments
  3. 3 ローム株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ルネサスエレクトロニクス株式会社
  2. 2 CISSOID
  3. 3 オン・セミコンダクター

歴史のある会社

  1. 1 Texas instruments
  2. 2 Telephonics Corporation
  3. 3 ローム株式会社

クロックジェネレータ5選

超低ジッタークロック(<300 fs RMS)

ルネサスエレクトロニクス株式会社

特徴

PLL内蔵により、複数のクロック信号生成やクロック信号分配を行うことが可能です。

最大で100Gbpsのシリアルデータ通信でも対応できる低ジッターのクロック信号が生成できます。

PCI Expressなど特定のアプリケーションにも対応しています。

出力バンクを活用することで、100MHzや125MHzといった特定の複数のクロックを生成することも可能です。

ファンアウトバッファを使用することで、クロック信号を複数に分配したり、LVCMOSやLVPECLなど出力タイプを変えることもできます。

ギガビットクラスの高速データ通信回路に適したクロックジェネレータです。

ルネサスエレクトロニクス株式会社の会社概要

製品を見る

7701 シリーズ

セイコーNPC株式会社

特徴

ATカットされた水晶振動子を内蔵し、時計用クロック32.768KHzのクロックとMHz帯のクロックの2種類を出力できるクロックジェネレータです。

ATカット振動子を使用しているため、温度ドリフトが少なく、安定したクロックが供給できます。

パッケージサイズは、CHIPサイズで0.75mmと非常に小さいため、実装場所も省スペースで対応できます。

超小型で低消費電力で、内部に不揮発性メモリをもっており、実装後に発振周波数や出力周波数の調整が可能です。

セイコーNPC株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 栃木県那須塩原市下田野531-1
  • URL: http://www.npc.co.jp
  • 創業: 1975年
  • 従業員数: 223人

製品を見る

AD2S99

アナログ・デバイセズ株式会社

特徴

プログラム可能なサイン波出力のクロックジェネレータです。

出力周波数は2KHz~20KHzで、ACトランスデューサやレゾルバなどの駆動に利用できます。

また、SIN波とCOS波のリファレンス信号を3Vp-pで出力できます。

このリファレンス信号を利用することで、配線や温度変化によるACトランスデューサの位相シフトを補正でき、同期プリセット信号などの処理が不要であるためシンプルな制御で使用することができます。

パッケージタイプは20ピンのPLCCと小型で低価格なので、アプリケーションの省スペース化・低コスト化に貢献できます。

アナログ・デバイセズ株式会社の会社概要

製品を見る

PLL1707-Q1

Texas instruments PLL1707-Q1 画像出典: Texas instruments公式サイト

特徴

低コストで内部にPLLを搭載することで、高品質で安定したクロックを生成できるクロックジェネレータです。

基準クロックとして27MHzのクロックを入力し、4種類のクロックを生成して出力します。

クロックジッターが50psecと非常に低く、皮質の良い安定したクロック生成ができます。

電源は3.3Vで動作できますので、一般的な電子回路でも利用しやすくなっています。

出力クロックの周波数は、32KHz~96KHzと特にオーディオ用のクロックとして利用できますので、オーディオ用DACやADC、DVD、HDDなどに利用できます。

Texas instrumentsの会社概要

製品を見る

車載クロック・ジェネレータ

Silicon Laboratories Inc.

特徴

AEC-Q100認定取得している、車載用アプリケーションに対応したクロックジェネレータです。

内部に広帯域PLLが搭載されていおり、更にMultiSynth非整数シンセサイザ機能により、任意の周波数、任意の出力に対応できる高性能なクロックジェネレータです。

柔軟性が高く、200fs以下の低位相ジッターを0ppmという誤差という高精度で出力できます。

同時に8個の差動クロックが出力でき、最大333MHzまでの広範囲な周波数合成ができる機能も搭載しております。

出力タイプは、LVDS,LVDMOS,HCSL,SmartClockなど任意に設定できます。

I2Cインターフェイスによりプログラムができるようになっています。

Silicon Laboratories Inc.の会社概要

製品を見る

クロックジェネレータの70製品一覧

クロックジェネレータのレンタル


オリックス・レンテック株式会社でチェック

関連記事

カテゴリから探す