株式会社丸八ポンプ製作所
ヤマト科学株式会社

【2021年版】ファインバブル発生装置 メーカー17社一覧

ファインバブル発生装置のメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ファインバブル発生装置とは

ファインバブルとは、100マイクロメートル以下の大きさの気泡全てを指し、その中でも、1~100マイクロメートルの気泡がマイクロバブル、1マイクロメートル以下の気泡がナノバブルと区別されています。

ファインバブル発生装置とは、この微小な大きさの気泡を発生させることができる装置のことです。

ポンプと一体化した機器から、一般のポンプに取り付けて使用するノズル部分のみのものまであります。

ファインバブルは、液中に長時間残存することができ、浄化作用や洗浄作用などの様々な効果をもっているので、多岐にわたる用途に使用されています。

ファインバブル発生装置の使用用途

ここで、ファインバブル発生装置の使用用途について説明します。

ファインバブルは、様々な効果を持っているので、多くの分野で様々な用途に使用されています。

高い洗浄力と殺菌効果を持っているため、河川や湖沼の浄化や下水などの排水処理や、工業部品の洗浄などの用途に使用されています。他にも、微生物の繁殖を抑えるために、配管やタンクなど、機器の中で細菌が繁殖するのを防ぎ、衛生を保って消臭効果などを発揮しています。

帯電性があることから、強い吸着作用を持っているため、金属スラッジの分離や回収を効率よく行う目的で使用されています。

他にも、生物の細胞に対して成長促進効果があることから、植物の栽培や魚類などの養殖に活用されています。

ファインバブル発生装置の原理

続いて、ファインバブル発生装置の原理について説明します。

ファインバブルの発生原理は、ポンプの吸引力で空気を吸引し、ポンプ内で気体と液体を攪拌しながら混合していきます。その気液混合物の圧力を上げて、気体と液体を溶解させたものをバルブから押し出すことでファインバブルを発生させることができます。

この他に、セラミックの多孔質を利用した発生方法もあります。
この方法では、孔径が微細で均一であるセラミックス膜を通して気体を噴射することで、ファインバブルを発生させるため、気液に強い力を加えることがない点や、水状から粘性のある液体まで幅広い流体で使用できる点や、使用するセラミックスの本数や長さを調節することでファインバブルの発生量を調節することができるという点で優れています。

参考文献
https://www.tanakakinzoku.com/ultrafinebubble/
https://www.envirovision.jp/category/microbubble.html
https://www.noritake.co.jp/products/eeg/majors/detail/31/
https://www.shi-ftec.co.jp/products/finego

ファインバブル発生装置のメーカー情報

ファインバブル発生装置のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
  2. 2 大生工業株式会社
  3. 3 ヤマト科学株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エアテック
  2. 2 HACK UFB株式会社
  3. 3 株式会社ナノクス

歴史のある会社

  1. 1 大生工業株式会社
  2. 2 ヤマト科学株式会社
  3. 3 株式会社ノリタケカンパニーリミテド

ファインバブル発生装置のメーカー17社一覧


関連記事

カテゴリから探す