株式会社A&M

【2021年版】電解水生成装置 メーカー10社一覧

電解水生成装置のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


電解水生成装置とは

電解水には、酸性電解水である次亜塩素酸水と、アルカリ性電解水の2種類があり、酸性電解水である次亜塩素酸水は優れた除菌効果を持ち、アルカリ性電解水は優れた洗浄効果を持つという特徴があります。

電解水生成装置とは、原水に塩を微量加えて電気分解することでこの電解水を生成することができる装置のことです。

電解水は食品添加物殺菌料や、有機農産物使用可能農薬に指定されているため、人体に影響なく使用することが出来るので、電気分解生成装置は衛生管理が必要な分野や現場で幅広く利用されています。

電解水生成装置の使用用途

ここで、電解水生成装置の使用用途について説明します。

電解水は優れた除菌効果と洗浄効果を持つため、電解水生成装置は衛生管理が必要とされているところに広く用いられており、食品業界、医療業界、保育介護業界、清掃業界など様々な業界で利用されています。

例えば、食品産業では食品工場や飲食店の厨房などにおける機器や調理器具の洗浄と除菌や、食材の除菌などに用いられており、病院では医療器具の除菌や洗浄に用いられています。衛生に気を遣う保育や介護などの施設では、哺乳瓶や食器の洗浄の他にも、衛生的な手洗いや、施設内の拭き取りによる除菌や清掃に用いられています。

この他に、アルカリ性電解水はたんぱく質や脂質系の汚れの除去に優れているため、金属やプラスチックなどの部品を扱う向上において、防錆効果を目的として使用され、製品の錆が生じるのを防ぐために用いられている例もあります。

電解水生成装置の原理

続いて、電解水生成装置の原理について説明します。

電解水には次亜塩素酸水などの酸性電解水とアルカリ性電解水の2種類があり、二室型電解槽で陽極と陰極を隔膜で仕切り、塩酸や塩化カリウムなどの塩を微量加えた水道水などの原水を電気分解して、発生したイオンを隔膜で分離することで酸性電解水とアルカリ性電解水を得ることが出来ます。

陽極側には分離された塩化物イオンが集まることで水と反応して、酸性の電解水を得ることが出来、陰極側には分離された水酸化物イオンが集まることで水と反応してアルカリ性の電解水を得ることが出来ます。

参考文献
https://www.hoshizaki.co.jp/p/e-water/e-water.html
https://www.hoshizaki.co.jp/p/e-water/merit-woxrox.html
https://www.amano.co.jp/Clean/products/denkai.html
http://www.techcorporation.co.jp/product/whats_ess/post_30.html
http://biseibutsu.co.jp/product/denkaisui

電解水生成装置のメーカー情報

電解水生成装置のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 アマノ株式会社
  2. 2 ホシザキ株式会社
  3. 3 コトヒラ工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 アクアフレックス株式会社
  2. 2 株式会社微酸研
  3. 3 株式会社A&M

歴史のある会社

  1. 1 アマノ株式会社
  2. 2 コトヒラ工業株式会社
  3. 3 ホシザキ株式会社

電解水生成装置のメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す