株式会社リガルジョイント
ニッタ株式会社

【2021年版】ナノバブル発生装置 メーカー15社一覧

ナノバブル発生装置のメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ナノバブル発生装置とは

ナノバブルとは、超微細気泡と呼ばれる非常に小さな気泡のことで、ナノバブル発生装置とは、この超微細気泡を発生させることができる機械装置のことです。

ナノバブルには、殺菌能力や洗浄能力、環境浄化、成長促進、免疫力向上、細胞保護能力、などこの他にも様々な性質を持つことが知られており、これらを利用するために幅広い分野でナノバブル発生装置が使用されています。

ナノバブル発生装置の使用用途

ここで、ナノバブル発生装置の使用用途について説明します。

ナノバブルには、殺菌力や洗浄力があり、衛生管理の用途で病院や介護施設などで利用されています。

環境を浄化することが出来ることから、一般排水や工場排水などの排水処理や、河川や池や海水などの水質浄化などに用いられています。
また、生態活性化や細胞保護、成長促進などの能力もあるため、魚の鮮度を維持することや、牡蠣やエビなどの貝・甲殻類や魚類などの養殖にも利用されています。

また、揮発性が高いことから冷却効率の上昇に役立ったり、蒸発促進に用いられたりすることや、熱伝達能力を利用して、効率よく液体の温度を低下させることなどにも利用されています。

この他にも、バイオテクノロジー分野で培養などに用いられたり、医療業界で研究されるなど、活用の幅を広げています。

ナノバブル発生装置の原理

続いて、ナノバブル発生装置の原理について説明します。

50ミクロン以下の気泡になると、イオンの力がはたくことで気液界面が縮小して、イオン濃度が濃縮されることで、気泡内部の温度と圧力が高くなるため、様々な現象が発現されます。

ノズル式では、細孔のノズルに液体に高い圧力をかけて流すことで、水圧によってナノバブルを発生させる方法です。

超微細孔によるナノバブル発生装置では、少しの空気圧力と水流があれば多くのエネルギーを必要とすることなく、小さい動力でナノバブルを作ることができます。

この他にも衝撃波によってナノバブルを発生させたり、電解や化学変化によって発生させる方法があります。

参考文献
http://anzaimcs.com/main/aboutnanobubble.html
https://kyowa-ctc.co.jp/technical_info/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB%E7%99%BA%E7%94%9F%E8%A3%85%E7%BD%AE%E3%80%8Cyj%E3%83%8E%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%80%8D/
https://www.micro-bubble-evc.com/micro-bubble/
http://www.tec-kak.co.jp/seihin/q-and-a.html

ナノバブル発生装置のメーカー情報

ナノバブル発生装置のメーカー15社一覧


ナノバブル発生装置のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 株式会社共和
  3. 3 株式会社リガルジョイント

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社E・M・A
  2. 2 株式会社micro-bub
  3. 3 株式会社ナノクス

歴史のある会社

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 株式会社共和
  3. 3 株式会社ナック

関連記事

カテゴリから探す