【2021年版】ゴム成形 メーカー19社一覧

ゴム成形のメーカー19社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ゴム成形とは

ゴム成形とは、ゴムと呼ばれるゴム弾性を持つ高分子物質やその材料を金型などを使用して特定の形に加工することです。ゴム成形には、成形するための型を使用する、コンプレッション成形、トランスファー成形、射出成形などがあります。ゴム材料の一つであるエラストマと呼ばれる熱可塑性樹脂は、常温ではゴム、高温でプラスチックの物性があります。エラストマの成形では、異なった材料同士を組み合わせて成形することや型の中に金属などの部品をセットして成形するインサート成形も可能です。

ゴム成形の使用用途

ゴム成形の使用用途は、ゴム弾性を持つ高分子物質やその材料を特定の形に加工する際に使われます。
ゴムの成形には、コンプレッション成形、トランスファー成形、射出成形、押出成形などがあります。
それぞれの成形の用途を説明します。

  • コンプレッション成形
    -一般的なゴム成形方法で自動車、医療機器、産業機械などの部品に幅広く用いられます。
  • トランスファー成形
    -コンプレッション成形よりも寸法精度が高いので、複雑な形状の成形で用いられます。
  • 射出成形
    -コンプレッション成形やトランスファー成形よりも加硫時間が短く生産量を大幅に向上できるので、大量生産に向いています。また、複雑な形状や厚肉の形状なども成形できます。

ゴム成形の原理

ゴムの成形には、コンプレッション成形、トランスファー成形、射出成形、押出成形などがあります。
それぞれの成形方法について説明します。

  • コンプレッション成形
    -成形用の金型にゴム材料を入れて、圧力をかけてで必要時間保持することで成形します。他の方式よりも低い圧力で成形できます。
  • トランスファー成形
    -金型のポットと言われる部分に加熱軟化させたゴム材料を入れ、圧力をかけると注入口から金型の内部にゴム材料が流れ込みます。その後、必要な時間保持することで成形します。トランスファー成形は、コンプレッション成形よりも複雑な形状の成形ができます。ただし、ポット内に材料が残り1回ごとに取り除く作業が必要です。金型費用は、射出成形よりも抑えることができます。
  • 射出成形
    -加熱をし液状化をさせたゴム材料を金型に注入し、成形をします。小型、複雑な形状の成形が可能です。また、大量生産にも向いています。ただし、設備が大きく、金型費用も高くなります。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/gomu1944/75/7/75_7_295/_pdf/-char/ja
https://kayo-corp.co.jp/common/pdf/tech_kanagata.pdf
http://tsubasa7.com/tama/seikei/expertise/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/gomu1944/47/4/47_4_245/_pdf
http://www.naniwagousei.com/dictionary/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e6%88%90%e5%bd%a2/

ゴム成形のメーカー情報

ゴム成形のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 錦城護謨株式会社
  2. 2 西遠ゴム工業株式会社
  3. 3 共和工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エスケー
  2. 2 共和工業株式会社
  3. 3 株式会社御幸

歴史のある会社

  1. 1 木本ゴム工業株式会社
  2. 2 錦城護謨株式会社
  3. 3 株式会社イワカミ

ゴム成形のメーカー19社一覧


関連記事

カテゴリから探す