【2021年版】メッシュコンテナ メーカー3社一覧

メッシュコンテナのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


メッシュコンテナとは

メッシュコンテナとは、面がメッシュ(網目)構造をしている折りたたみ式のコンテナです。物流業界で使うメッシュパレットと同様の形状をしています。農作業において収穫物を積載し輸送する際に用います。他に似た役割をするものにスチールコンテナがあります。

キャベツやカボチャなど重量のある野菜・果物を積載する際には金属製のメッシュコンテナを使用することが望ましいです。また、プラスチック製のものは安価で手に入りやすいことが特徴です。

メッシュコンテナの使用用途

メッシュコンテナは主に農産物の運搬・保管をする際に使用するコンテナです。主にイモ、タマネギ、キャベツ、カボチャなどの重量物に適しています。内包材(ネット)を使用することで米・麦・大豆など小さな穀物にも対応できます。

各面がピンやハンドルで接続された組み立て式コンテナと、各面がコイルで繋がっている一体式コンテナがあります。どちらも使用しない時は折りたたんで積み重ね、コンパクトに収納できます。展開時でも数段なら積み重ねが可能です。

メッシュコンテナの原理

メッシュコンテナは、畑で収穫した野菜を積載し、そのまま加工場等へ出荷することができます。詰め替え作業を省略して作業効率をアップさせると共に、段ボールなどの資材の経費を削減できるという大きなメリットがあります。

メッシュ構造なので通気性が高く、内容物の腐食・腐敗を防ぐ効果があります。またメッシュ構造は内容物にコンテナの壁が当たる面積とかかる荷重を小さくし、コンテナに詰めることによる傷みを軽減する工夫が施されています。

組み立てが容易、かつ使用しない時には折りたたみ、同型のコンテナなら積み上げてコンパクトに保管しておくことができます。

大きな金属製のメッシュコンテナは大規模な農産品の貯蔵・乾燥・輸送に適しています。小さなプラスチック製メッシュコンテナは取り回しが楽であり、小規模なものであれば収穫から選果、運搬、さらに商品としてお店に並べるまで一貫して使用することができ、作業効率を高くすることができます。

参考文献
https://www.h-seikan.co.jp/container/mesh/

メッシュコンテナのメーカー情報

メッシュコンテナのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 積水マテリアルソリューションズ株式会社
  2. 2 株式会社ダイカ
  3. 3 セイカン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 積水マテリアルソリューションズ株式会社
  2. 2 セイカン株式会社
  3. 3 株式会社ダイカ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ダイカ
  2. 2 セイカン株式会社
  3. 3 積水マテリアルソリューションズ株式会社

メッシュコンテナのメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す