【2021年版】安全弁 メーカー16社一覧

安全弁のメーカー16社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


安全弁とは

安全弁は大きな圧力を保持するタンクや、レシプロ式コンプレッサ等の容積式圧縮機の出口に取り付けます。

安全弁は他のバルブとは違い人が操作する事はほとんどありませんが、非常に重要な役割を担っています。

もし、プロセスで異常な高圧が発生しタンクの設計圧力以上になった場合や、コンプレッサが壊れそうになる前に安全弁は内部のバルブが自動で開きプロセスの圧力を開放します。

これによりプロセスを安全に保ちます。その為、多くの工場や化学プラントで使用されています。

安全弁の使用用途

安全弁はプロセスの危険な圧力を放出するのに使用されます。例えば高圧の圧力を保持するタンクなどでは常に圧力監視を行っており、危険な圧力に達する前に設備を停止させますが万が一の場合に備えて安全弁を取り付けています。

また、法律的に必ず安全弁を取り付けなければならない設備も存在します。同様にコンプレッサの出口などに取り付けられる場合もあります。

この場合はあまりにも高圧になるとコンプレッサの圧縮機にも負荷がかかるので、それを緩和する場合に取り付けます。

安全弁の原理

安全弁の原理は非常に単純でスプリングで弁体を押さえつけているだけです。このスプリングを変える事で安全弁が吹き始める圧力を変更する事が出来ます。

また、減圧弁のように調整できるタイプのものも存在します。

注意しなければならないのは一度吹いてしまった安全弁は、しっかりと締まりきらずに吹き続けてしまったり、吹き始めの圧力が変わってしまうことがある事です。その為、一度吹いてしまった安全弁は必ず交換する事が必要です。

また、基本的に安全弁は開かない事が原則なので、年に1回は定期点検で吹き始め圧力を確認する事もあります。

よくある故障として若干開いてしまった際に異物を噛み込んだりして、弁体に傷がついてしまったりきちんと締まらなかったりして吹き続けてしまう事です。このような場合は安全性を担保する意味でも、一度弁体を清掃したり新品に交換する事が必要です。

安全弁の吐出口は多量のガスなどが高圧で吹き出ます。ですので吹きだしても安全な所に取り付ける必要があります。

参考文献
https://www.venn.co.jp/products/safety_valve.html
https://www.fkis.co.jp/product_valve.html

 

安全弁のメーカー情報

安全弁のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ヨシタケ
  2. 2 岡野バルブ製造株式会社
  3. 3 株式会社TVE

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社TVE
  2. 2 株式会社オプトニクス精密
  3. 3 株式会社三協製作所

歴史のある会社

  1. 1 東亜潜水機株式会社
  2. 2 株式会社本山製作所
  3. 3 東亜潜水機株式会社

安全弁のメーカー16社一覧


関連記事

カテゴリから探す