株式会社IBS
サーパス工業株式会社

【2021年版】リリーフバルブ メーカー20社一覧

リリーフバルブのメーカー20社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


リリーフバルブとは

リリーフバルブとは、ポンプなどの圧力が異常値となった際に、パイプや機器の破損を防止するための安全装置です。
通常の圧力時には、バネの力でバルブを閉じていますが、異常な圧力となりスプリングよりも強い力かかった際にバルブが開き、燃料やオイル、空気などをバイパスして圧力を開放します。バルブの開く圧力は、バネの強さとバルブの受圧面積で決まります。リリーフバルブは、自動車、クレーン、産業機器などに幅広く使われています。

リリーフバルブの使用用途

リリーフバルブは、以下に自動車で使われている用途を説明します。

  • 自動車用途
    カーエアコンのシステム配管内の圧力が設定値よりも高くなった際にリリーフバルブで減圧を行います。
    燃料電池車両の水素タンクの減圧弁として使用されています。
    エンジンのオイルフィルタ内にリリーフバルブがあり、フィルタが詰まった際に油をバイパスします。
    オイルパンにたまったオイルを汲み上げるオイルポンプの出口にリリーフバルブを設置して、圧力が高まった際に圧力を逃します。

リリーフバルブの原理

リリーフバルブの原理について、以下に説明します。
リリーフバルブは、ポンプなどの圧力が異常値となった際に、パイプや機器の破損を防止するため、圧力を開放し、圧力の上昇を防止しています。
リリーフバルブの構造は、調整ネジ、プッシュロッド、スプールなどで構成されており、通常の圧力では、スプールと呼ばれる部品をバネで押し付けています。入力側の圧力が上昇して、スプールを押す力がバネの力よりも大きくなると、スプールを押して回路から圧力を逃します。そうすることで回路内の圧力が異常値になることを防止します。リリーフバルブの設定圧の調整は、バルブに取り付けられている調整ネジを回してプッシュロッドを押しスプールを押し付けているバネの力を調整して行います。リリーフバルブの設定圧は、バネの強さとバルブの受け圧面積で決まります。
自動車のエンジンのオイルポンプの場合、吐出量が多くなると圧力が高くなりリリースバルブが開きます。開いたリリースバルブから余剰のオイルがオイルパンに戻されます。

参考文献
https://www.nopgroup.com/jp/doctor/tro_valve.html
http://www.ishinotec.com/explain/architecture/%E5%9C%A7%E5%8A%9B%E5%88%B6%E5%BE%A1%E5%BC%81%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%A8%E5%86%85%E9%83%A8%E6%A7%8B%E9%80%A0
https://www.pacific-ind.co.jp/products/car/control/
https://www.hitachihyoron.com/jp/pdf/1966/12/1966_12_12.pdf
https://dc-jp.resource.bosch.com/media/jp/startpage_9/products_10/hyd_catalogue/c_pressure_valve/c02_dbdbw_52.pdf

リリーフバルブのメーカー情報

リリーフバルブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 藤倉コンポジット株式会社
  2. 2 イシグロ株式会社
  3. 3 株式会社ヨシタケ

設立年の新しい会社

  1. 1 プライメット株式会社
  2. 2 トーステ株式会社
  3. 3 株式会社TVE

歴史のある会社

  1. 1 藤倉コンポジット株式会社
  2. 2 日本オイルポンプ株式会社
  3. 3 イシグロ株式会社

リリーフバルブのメーカー20社一覧


関連記事

カテゴリから探す