株式会社日本ピスコ
株式会社テイエルブイ
CKD株式会社

【2021年版】排気弁 メーカー15社一覧

排気弁のメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


排気弁とは

排気バルブは、車両の排気システムに不可欠な部品として取り付けられ、開閉してガスの流れを制御し、エンジンの背圧を最適化して性能と音響制御を向上させます。

排気バルブは、内燃機関のシリンダヘッドにあります。

燃料と空気の混合気がシリンダ内で着火すると、使用済みのガスがこのバルブを通ってエンジンの外に送り出されます。

一般的な内燃機関では、排気バルブは吸気バルブよりも大きくなっています。

これは、燃料と空気を燃焼室に導入するよりも、気筒内の排気ガスをクリアすることが困難であるためです。

現代のエンジンで馬力と燃費を構築する上での大きな特徴は、排気バルブの開閉を最適なタイミングで調整できることです。

排気弁の使用用途

カムシャフトは制御の中心にあり、バルブの能力を最大限に活用するためにローブを研削してシリンダ内をクリアにしています。

燃焼過程の重要なタイミングで排気バルブを開くことで、ピストンはシリンダ内への吸気チャージの流れを犠牲にすることなく、シリンダ内の排気ガスをすべて燃焼室外に押し出すことができるのです。

排気バルブを補助するには、いくつかの要因が関係しています。

シリンダヘッドのバルブポケットは非常に重要です。

排気弁と同様に、バルブポケットやボウルにも制限がなく、使用済みのガスが燃焼室から速やかに、かつ制限なく排出されるようにしなければなりません。

また、排気ポートにも障害物がないようにしなければならず、ガスケットのマッチングはこれを達成するための一般的な方法です。

排気弁の原理

シリンダヘッドの排気ポートとエキゾーストマニホールドを排気ガスケットの開口部と同じ大きさに研削することで、ガスがガスケットやエキゾーストマニホールドの鈍角部に接触して流れを妨げることがありません。

このようにスムーズな移行により、エンジンからの排気の流れを妨げる背圧がなくなります。

また、シリンダヘッド内の排気ボウルの半径を滑らかにすることで、シリンダの外への流れを妨げないスムーズな経路を提供することで、流れを助けています。

排気バルブのバルブシートを研削する場合、高性能な用途では、1つのバルブフェースに6つの異なる角度を研削することができます。

各角度は、シリンダヘッドのバルブシートに研削された既存の角度に対応しています。

角度の噛み合わせは、バルブが閉じているときに適切なシールを提供するだけでなく、ガスが流れるためにバルブのエッジの周りにスムーズな経路を提供します。

一般的なストリート走行車では、排気速度はレーシングエンジンほど重要ではないため、3角のバルブグラインドが採用されています。

参考文献
https://clicccar.com/2020/10/19/1025332/

排気弁のメーカー情報

排気弁のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 CKD株式会社
  2. 2 前澤工業株式会社
  3. 3 クリエイト株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 シグマテクノロジー有限会社
  2. 2 有限会社光立
  3. 3 株式会社日本ピスコ

歴史のある会社

  1. 1 クリエイト株式会社
  2. 2 古林産業機具株式会社
  3. 3 前澤給装工業株式会社

排気弁のメーカー15社一覧


関連記事

カテゴリから探す