【2021年版】ミキシングバルブ メーカー9社一覧

ミキシングバルブのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ミキシングバルブとは

ミキシングバルブとは、温水と水を混合させるだけで、給湯温度をフレキシブルに制御する温度調整弁です。 従来からガス給湯器や電気温水器などに使用されており、特に昨今では、オール電化住宅の普及により、省エネ性の高い通称エコキュートと呼ばれるCO2自然冷媒ヒートポンプ給湯機などに採用されています。その長所は、温水と冷水を接続するだけで簡単に給湯ができます。又、温水および冷水の圧力変動に対して、温度センサーとアクチュエータの追従性がよく、希望の適温でお湯を供給することが出来ます。

ミキシングバルブの使用用途

一言でミキシングバルブとか湯水混合弁と呼んでいても、その給湯する量の違いや給湯を使うユーザーの主たる目的に応じて、ミキシングバルブ、つまり湯水混合弁自体にも、色々な種類があります。給湯の停止状態が長く続く様な使用方法をする場合、配管の内部温度が低下してしまう恐れがあるため、お湯を循環させて温度保持する水回路を追加して、ミキシングバルブにその保持したお湯を循環させることで、お湯の温度低下を防止も可能になります。また、給水を主として使用する装置とする場合は、逆止弁と組み合わせて、外付け逆止弁の水道法適合品もあります。

ミキシングバルブの原理

ミキシングバルブは湯水混合弁や湯水混合栓とも呼ばれており、その主要目的は、給湯の給水や給湯する量を適切に適温(使用温度)で混合することを可能にする弁で、配管に取り付けられるものと水栓と合体したものがラインナップされています。合体品には、手動の調節型とサーモスタットによるオート調節型とがあります。ミキシングバルブの構造は、水とお湯を混合させるメカ部分とそのメカ部分を駆動するアクチュエータ部分とに区分出来ます。アクチュエータはDCモータやステッピングモータが使われています。

ミキシングバルブは、エコキュートやソーラー温水システム、ミストサウナ等の様々な用途の水とお湯の混合給湯で使用されています。温水床暖房やヒートポンプ給湯の普及により、安全で手軽に快適な温度のお湯を供給出来るミキシングバルブ(別名称:湯水混合弁)の用途はまだまだ拡大しています。今後も続く日本の高齢化社会を迎えるにあたり、老人福祉施設などの多彩な用途における給湯システムの安心と安全を提供する上で、ミキシングバルブはなくてはならない貢献できる給湯システム部品であるものと期待出来ます。

参考文献
https://www.venn.co.jp/products/temperature_regulating.html
https://www.miyawaki-inc.com/hot_water/m

ミキシングバルブのメーカー情報

ミキシングバルブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 イシグロ株式会社
  2. 2 ユアサ商事株式会社
  3. 3 日本サーモスタット株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エスコ
  2. 2 日本サーモスタット株式会社
  3. 3 株式会社ベン

歴史のある会社

  1. 1 ユアサ商事株式会社
  2. 2 クリエイト株式会社
  3. 3 株式会社ミヤワキ

ミキシングバルブのメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す