株式会社日本ピスコ

【2021年版】スロットルバルブ メーカー6社一覧

スロットルバルブのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スロットルバルブとは

スロットルバルブとは、流体の通路に設置されているバルブのことです。スロットルバルブが通路の断面積を変化させることにより流体の流量を調整します。主に、自動車、バイク、航空機、農機などのエンジンへの吸入空気量を調整しています。自動車の場合は、スロットルバルブの開閉度の調整はアクセルペダルで行います。従来は、機械式のスロットルと呼ばれる方式でワイヤーで制御されていましたが、近年は自動車が電子制御が進み、電子式スロットルと呼ばれる方式でバルブ開閉度を電気的に調整しています。

スロットルバルブの使用用途

スロットルバルブは、主に自動車、バイク、航空機、農機などに使われています。ここでは、自動車について説明します。
自動車におけるスロットルバルブは、空気の吸入通路(インテークパイプ)にあるスロットルボディに取り付けられており、エンジンへの吸入空気量を調整して、出力を制御しています。スロットルバルブは、一つのスロットルボディに、一つ設置されている単口式、複数個設置されている多口式があります。
スロットルバルブの調整は、アクセルペダルで行われます。従来は、ワイヤーでバルブの開閉を行っていましたが、近年は電子制御で行われ、アクセル開度によりエンジンECUで走行状態に応じたバルブ調整を行います。

スロットルバルブの原理

スロットルバルブの原理については、自動車を例に説明します。スロットルバルブは、吸入空気通路(インテークパイプ)にあるスロットルボディに取り付けられています。アクセルペダルを操作するとそれに応じてバルブ開閉度が調整され、エンジンへの吸入空気量を制御します。スロットルバルブには、バタフライバルブとスライドバルブがあります。以下にそれぞれについて説明します。

  • バタフライバルブ:円形状のバルブで吸入空気通路に設置されており、アクセル開度により縦に回転をして、バルブの開閉度を調整します。
  • スライドバルブ:平板形状のバルブで吸入空気通路に設置されており、アクセル開度により平板が開閉して、バルブの開閉度を調整します。
    スロットルバルブの開閉は、アクセルペダルで行われます。スロットル調整方式には、機械式と電子式があります。
  • 機械式:アクセルペダルとスロットルバルブがワイヤーで繋がれており、アクセルペダルを踏む量によりバルブの開閉を行います。
  • 電子式:アクセルペダルの踏む量を電気信号とし、エンジンECUに伝達します。走行状態、燃費、排出ガスなどを考慮し、バルブの開閉度を調整します。

参考文献
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1310/10/news007_2.html
https://automotive.ten-navi.com/dictionary/690/
https://clicccar.com/2019/09/30/914632/

スロットルバルブのメーカー情報

スロットルバルブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ケーヒン
  2. 2 株式会社デンソーダイシン
  3. 3 株式会社日本ピスコ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社日本ピスコ
  2. 2 株式会社デンソーダイシン
  3. 3 株式会社ケーヒン

歴史のある会社

  1. 1 廣瀬バルブ工業株式会社
  2. 2 株式会社ミクニ
  3. 3 株式会社ケーヒン

スロットルバルブのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す