Bosch Rexroth Corporation

【2021年版】シーケンス弁 メーカー10社一覧

シーケンス弁のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シーケンス弁とは

シーケンス弁とは油圧装置(油圧により動作する装置)において、油圧シリンダが動作する順序などを制御するバルブです。

シーケンス制御の一種であり、あらかじめ定められた順序に従って制御することを意味しています。そのため順次作動弁とも呼ばれます。

別々に動作する二つの油圧シリンダにおいて、一方のシリンダの動作が終了した後に、もう一つのシリンダが動作します。

シーケンス弁の使用用途

シーケンス弁は油圧装置などを用いる産業分野などで使用され、食品分野、半導体製造などがその代表例として挙げられます。

工作機械や製鉄機械などの産業機械を駆動するための動力源として油圧装置は使用されており、その構成部としてシーケンス弁は使用されます。

また大型の機械では、ショベルなどを備え付けた作業用のフォークリフトや、農業用のトラクタでも利用されています。

最大の使用圧力や流量といった制限が異なり、用途に応じてシーケンス弁を選択する必要があります。

シーケンス弁の原理

油圧装置は、油の圧力を伝搬することで機械を動作させる装置で、油圧ポンプ、シリンダ、圧力制御弁流量制御弁などから成ります。

小型で単純構造であり、配管や油の分路により、自在な機械の動作設計を行うことができます。

圧力の大きさや方向に応じて、機械動作の変速なども自在に行うことができます。

シーケンス弁は油圧装置を構成する部品の中で、圧力制御弁の一種となります。

圧力制御弁にはシーケンス弁以外にも、リリーフ弁、減圧弁、カウンタバランス弁などがあります。

リリーフ弁は弁に異物が詰まった際に発生する過大圧力を、油を別配管に分流し、圧力を解消するための弁です。

減圧弁は二次側の圧力を、一次側に対してある圧力に減少させるための弁です。

カウンタバランス弁は、油圧シリンダの自由落下を防ぐために、配管に一定の圧力を発生させるものです。

こうした圧力制御弁と組み合わせて、順次弁を動作させるためにシーケンス弁は使用されます。

参考文献
http://seiwa-inc.com/skk/mame2.html
http://www.housho.co.jp/publics/index/24/

シーケンス弁のメーカー情報

シーケンス弁のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 エナパック株式会社
  2. 2 トラスコ中山株式会社
  3. 3 株式会社日伝

設立年の新しい会社

  1. 1 トーステ株式会社
  2. 2 Bosch Rexroth Corporation
  3. 3 武漢機械股份有限公司

歴史のある会社

  1. 1 廣瀬バルブ工業株式会社
  2. 2 株式会社日伝
  3. 3 豊興工業株式会社

シーケンス弁のメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す