高砂電気工業株式会社
株式会社サヤマトレーディング
フエスト株式会社
CKD株式会社

【2021年版】ピンチバルブ メーカー12社一覧

ピンチバルブのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ピンチバルブとは

ピンチバルブとは、バルブと言われる弁の1種類であり、通常、電圧を印加することで、いわゆるプランジャー(鉄の棒)を動かした結果、チューブ押えが動きだして、最終的に
チューブを開閉する弁として、液体の流れを制御するバルブのことをピンチバルブと呼んでいます。また、ダイアフラムバルブ(ダイアフラム弁)では対応しにくい、固体粒子の混ざった液体(スラリー)にも使用可能で、幅広い使用用途ができるバルブ弁でもあります。

ピンチバルブの使用用途

ピンチバルブは、制御対象の流体の純度を追求する分野において、大変重宝されているバルブ開閉弁になります。最初にその構造として、シリコンチューブを挟んで流体制御を行うため、弁本体と制御対象の流体とが触れることなく、高い純度で流体を制御することが可能でさらにコンタミなどの異物混入の心配がありませんので、それらを生かした専門分野での利用が主体となります。実用例は、水や酸などの分析機器、血液分析装置、染色体分析装置、細菌同定液体製品充填装置などに使われています。

ピンチバルブの原理

ピンチバルブは、バルブ開閉弁のひとつなので、その構造や動作原理そのものは、通常の開閉弁(バルブ)と同じです。つまりフレミング左手の法則で知られている電磁誘導の法則
を利用して、銅線コイル内に可動鉄心を内蔵して、コイルに電流を流すことで電流と磁界による力(電磁力)が発生し、可動鉄心が動いて、弁を開閉させるしくみです。通常、ノーマルクローズNC型とノーマルオープンNO型があり、電流を流して開くか閉まるかの違いがあります。その辺りはユーザー側で選定します。このバルブ開閉弁において、ピンチバルブ独自のメリットは、制御したい流体と弁本体との接触部が、チューブだけで接触していると言う所が最大のメリットになっています。これによって、流体を常に純粋な状態にキープ出来ます。よって、ピンチバルブは、その様な流体の純度を維持し続ける条件を満足させたい精密な専門分野の機器に対して、主に利用されている特殊なバルブなのです。

参考文献
https://www.ascojp.co.jp/products/medical/pinch.html
https://takasago-elec.co.jp/glossary/post_37/

 

ピンチバルブのメーカー情報

ピンチバルブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 フエスト株式会社
  2. 2 CKD株式会社
  3. 3 リックス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 AKO Armaturen & Separationstechnik GmbH
  2. 2 株式会社ケイヒン
  3. 3 サンワ・エンタープライズ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 CKD株式会社
  2. 2 株式会社北浜製作所
  3. 3 高砂電気工業株式会社

ピンチバルブのメーカー12社一覧


関連記事

カテゴリから探す