株式会社日本ピスコ
株式会社不二越
株式会社IBS
サーパス工業株式会社

【2021年版】インラインチェックバルブ メーカー12社一覧

インラインチェックバルブのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


インラインチェックバルブとは

インラインチェックバルブは、配管の内部に挿入し、逆流を防ぐためのバルブになります。インラインチェックバルブの流れる方向に対して、事前に設定されている圧力以上の圧力の流体がインラインチェックバルブに到達すると、弁が開き、流体が流れます。逆流の場合や設定している圧力以下の流体の流れでは、弁が開かずに流れないような構造になっています。電力などの外部からの運動量が必要なく、内部の機構のみで動作する製品が多いことが特徴です。

インラインチェックバルブの使用用途

インラインチェックバルブは、化学製品や石油プラントの工場の他、潤滑油や研磨剤などを使用する工作機械、家庭用の製品、水道や水処理場などの公共機関など幅広い範囲で使用されます。インラインチェックバルブの選定の際には、流体を通過させるための圧力の設定値や、バルブの内径、流体の損失係数の大きさ、構造、許容の流量や圧力、振動、メンテナンス性などを考慮する必要があります。また、使用する流体の種類に応じて、対応する素材かどうかを考慮する必要があります。

インラインチェックバルブの原理

インラインチェックバルブの動作原理を説明します。インラインチェックバルブは、配管の側面に固定し、厚さを持たせるためのシート、ポペットと呼ばれる通常では流れを阻害し、特定の条件下では、流れを透過させる部品、ポペットをシートに接するような向きに力を加え続けるためのばね、そのばねを固定するための配管の側面に肯定するためのシートで構成されています。

インラインチェックバルブの動作時は、流れ方向にばねによって作用する力以上の圧力が流体によって与えられると、ポペットとともにばねが押され、インラインチェックバルブ内を流体が流れるようになります。ばねが押す力以上の圧力が流れによって与えられなければ、ポペットは開きません。また、逆流方向に流れが生じた場合、ポペットはシートの方向に流れによって、押される形になるため、流れによってポペットに作用する圧力が高ければ高いほど、流れを阻害する効果があります。 

参考文献
https://www.daikinpmc.com/userSupport/view.php?lg=&f=/cataloge/HK253E_H-003.pdf
https://www.daikinpmc.com/products00/kobetsu.php?lg=&pid=10010
http://www.khi.co.jp/kpm/pdf/1houkou_11.pdf

インラインチェックバルブのメーカー情報

インラインチェックバルブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社不二越
  2. 2 藤倉コンポジット株式会社
  3. 3 株式会社日伝

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社IBS
  2. 2 サーパス工業株式会社
  3. 3 株式会社日本ピスコ

歴史のある会社

  1. 1 藤倉コンポジット株式会社
  2. 2 株式会社不二越
  3. 3 廣瀬バルブ工業株式会社

インラインチェックバルブのメーカー12社一覧


関連記事

カテゴリから探す