【2021年版】サニタリーバルブ メーカー17社一覧

サニタリーバルブのメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


サニタリーバルブとは

サニタリーとは衛生的な・清潔なという意味を持つ単語です。衛生を重視する現場で良く用いられており、医薬品分野、食品分野、化粧品分野など健康面を重視する分野で用いられています。これらの分野ではサニタリー配管が一般的に用いられています。通常の化学プラントなどで用いる配管と比べ、液だまりが少なくない面の凹凸が少ないことが特徴です。

配管がサニタリー仕様であるだけでなく、当然バルブにもサニタリー仕様のバルブが存在します。

サニタリーバルブの使用用途

サニタリー製品は分解が行いやすいのが特徴です。その特徴から洗浄を行う際に分解してまんべんなく洗浄する分野での利用が多いです。先にも述べた医薬品分野、食品分野、化粧品分野での利用が行われるのはそのためです。

例えば食品分野では我々の手元に届く完成品は雑菌などが絶対入ってはいけません。消費者の健康を守るためにもサニタリー製品を用いて衛生的に製造する必要があります。特に製造工程中においてもサニタリーを心がけます。

サニタリーバルブの原理

サニタリーバルブには大きく分けてサニタリーボールバルブとサニタリーバタフライバルブが存在します。

サニタリーボールバルブは弁体が球体状をしています。ハンドルの操作で90度回転させて全開と全閉を行います。

サニタリーバタフライバルブは弁体が円盤状をしています。ハンドルの操作で90度回転させて操作するのはサニタリーボールバルブと変わりませんが、途中開度を利用することもできます。そのため流量調整を行うことができます。また弁体が薄い分、軽量コンパクトに操作することができます。

サニタリーバルブは衛生面でも大きなメリットを持っています。一般的に用いられるボールバルブやバタフライバルブでは接液部に部品の継ぎ目が来たり、シートゴムなどがおかれたりしています。液がその中を流れることでこれらの継ぎ目やシートゴムの辺りに液が残ってしまいます。これが雑菌繁殖などの原因になってしまいます。またゴムのにおいなどの付く原因にもなります。

参考文献
http://www.microzero.co.jp/column/144/
https://www.consuss.co.jp/feature/4258/

サニタリーバルブのメーカー情報

サニタリーバルブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トーステ株式会社
  2. 2 日本ダイヤバルブ株式会社
  3. 3 鈴木治作株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社SPV
  2. 2 トーステ株式会社
  3. 3 マイクロゼロ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 鈴木治作株式会社
  2. 2 株式会社マルボシ
  3. 3 株式会社北浜製作所

サニタリーバルブのメーカー17社一覧


関連記事

カテゴリから探す