産業用製品比較のメトリー
メトリー
横河計測株式会社
株式会社MCP JAPAN
新栄電子計測器株式会社
岩崎通信機株式会社

【2020年版】カーブトレーサ メーカー5社・7製品一覧

カーブトレーサのメーカー5社・7製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


カーブトレーサーとは

カーブトレーサーは、半導体や電子デバイスの電流対電圧特性を測定するための装置です。測定対象としては、抵抗やダイオード、トランジスタ、FETなどがあります。測定対象に電圧を印加することで、その時に測定対象に流れる電流を測定することで、特性を測定します。半導体や電子デバイスの電流対電圧特性の測定には、様々な電圧を連続的に変化させてグラフ化するなどの手間がかかりますが、カーブトレーサーを使用することで、比較的簡単に電流耐電圧特性を測定することができます。

カーブトレーサーの使用用途

カーブトレーサーは、半導体や電子デバイスの開発時や、製造の検査時、半導体や電子デバイスを使用する機器においての動作確認などの場面で使用されます。
高電圧で測定する場合など、カーブトレーサーで扱う電流や電圧が危険な場合は、高電圧用のカーブトレーサーや、正しい電圧を設定して印加するなど、注意が必要です。また、やけどや感電の危険性があるので、直接電流が流れている部分に触らないなどの注意が必要です。

カーブトレーサーの原理

カーブトレーサーは、コレクタサプライ、ステップジェネレータ、水平軸回路、垂直軸回路、CRTで構成されています。これらの構成要素の説明も含めて、動作原理を解説します。

まず、ステップジェネレータで段階的な電圧を作り、測定対象の半導体や電子デバイスに電圧を印加します。測定対象の電圧を水平軸回路によって増幅させ、その電圧量に応じて、ブラウン管を用いたディスプレイ装置であるCTRの水平軸偏光板を駆動させます。また、電流については、コレクタサプライによって、測定対象から得られる電流の値をステップ状の時間分布に整流します。その整流された電流を水平軸回路によって増幅させ、その電流量に応じて、のCTRの偏光板を駆動させ、電流をCTRに描写します。CTRで、ステップジェネレータで出力されたステップ値ごとの電流を目視で確認することができます。

CTRで出力されるほか、パソコンなどに電圧対電流特性の値を出力できるように、デジタル仕様のカーブトレーサーも多く製品化されています。

参考文献
https://www.schematicsforfree.com/archive/file/Test%20Equipment,%20Meters%20&%20Measurement/Component%20Testers/Circuits/CurveTracerIntro.pdf

カーブトレーサのメーカー情報

カーブトレーサのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 岩崎通信機株式会社
  2. 2 横河計測株式会社
  3. 3 新栄電子計測器株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社MCP JAPAN
  2. 2 新栄電子計測器株式会社
  3. 3 横河計測株式会社

歴史のある会社

  1. 1 岩崎通信機株式会社
  2. 2 横河計測株式会社
  3. 3 新栄電子計測器株式会社

カーブトレーサのメーカー5社一覧


カーブトレーサの7製品一覧

カーブトレーサのオンライン購入


モノタロウでチェック

カーブトレーサのレンタル


ヤフオクでチェック

カーブトレーサの中古品


オリックス・レンテック株式会社でチェック

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器