浜松ホトニクス株式会社
株式会社島津製作所
株式会社堀場製作所
分光計器株式会社
StellarNet, Inc.
PhotonTec Berlin GmbH
Headwall Photonics, Inc.
ARcoptix S.A.
Andor Technology Ltd.

【2021年版】分光器7選 / メーカー12社一覧

分光器のメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。

目次

Metoreeでは各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

分光器のカタログ一覧はこちら
浜松ホトニクス株式会社の分光器のカタログ

企業

浜松ホトニクス株式会社

分光器のメーカー12社一覧

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

企業の並び替え

標準|従業員数順

分光器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社島津製作所
  2. 2 株式会社堀場製作所
  3. 3 浜松ホトニクス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 PhotonTec Berlin GmbH
  2. 2 Radiant Light S.L.
  3. 3 ARcoptix S.A.

歴史のある会社

  1. 1 株式会社島津製作所
  2. 2 株式会社堀場製作所
  3. 3 浜松ホトニクス株式会社

2021年8月のクリックランキング(ベスト4)

順位 会社名 クリック割合
1 分光計器株式会社 33.3%
2 株式会社島津製作所 33.3%
3 株式会社堀場製作所 16.7%
4 Andor Technology Ltd. 16.7%

分光器のカタログ一覧(1件)

Metoreeに登録されている分光器が含まれるカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。



浜松ホトニクス株式会社のカタログ



分光器7選

分光計器株式会社
M10 モノクロメータ

M10 モノクロメータ 画像出典: 分光計器株式会社公式サイト

特徴

M10モノクロメータは、分解能、波長性能ともに分光器の中でも最高レベルを有しています。

測定原理は回折格子で分散させた光の中からある特定の波長の光のみをスリットで取り出します。

有効面積の広い回折格子を利用しているため、高い分解能が得られます。回折格子は交換可能で、交換取り付け再現性が高いです。

構造、操作がシンプルで堅牢なつくりをしており、ショック、振動に強く、かつ小型、軽量といった特徴も兼ね備えています。

分光計器株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都八王子市高倉町4-8
  • 会社サイト
  • 創業: 1977年
  • 従業員数: 36人

製品を見る

StellarNet, Inc.
Black-Comet UV-VIS Spectrometer

Black-Comet UV-VIS Spectrometer 画像出典: StellarNet, Inc.公式サイト

特徴

BLACK-Comet UV- vis Spectrometerは、可視、紫外分光測定を行うために開発された分光器で、UV-vis測定に必要な波長範囲をカバーしています。

市場に出ているUV-vis測定用分光器の中で、最高レベルにコンパクトな構造で、手のひらに収まるサイズ感です。

本体は堅牢なつくりをしており、熱に対する耐性も備わっているので、実験室での測定、屋外調査、プロセス検査等あらゆる測定環境での使用に耐久性があります。

波長範囲やスリット分解能は、測定に合わせて調整が可能です。

StellarNet, Inc.の会社概要

製品を見る

Radiant Light S.L.
PowerSense Optical Power Meter

PowerSense Optical Power Meter 画像出典: Radiant Light S.L.公式サイト

特徴

Power Sense Optical Power Meter は、発光ダイオードをベースに使用した光学パワーメーターで、コンパクトな構造かつミリ秒レベルの反応時間で高速な測定ができる点が特徴です。

また、1ナノワットから20ワットまでの広範囲のパワーを測定することができます。

USBケーブルが搭載されているので、パソコンと接続してリアルタイムで測定および解析が可能です。

また、本製品はNIST(米国国立標準技術研究所)の標準に準拠した校正がされているので、高品質が保証されています。

Radiant Light S.L.の会社概要

製品を見る

Radiant Light S.L.
SeaWave NIR Spectrometer

SeaWave NIR Spectrometer 画像出典: Radiant Light S.L.公式サイト

特徴

Sea Wave NIR Spectrometerは、NIR(近赤外分光)分光器で、高速でコンパクトなモデルです。

浜松ホトニクスのInGaAsセンサを使用しているので、確かな品質が保証されており、信頼性の高い製品です。

データ吸収スピードが速い点、USBケーブル搭載で、パソコンへの接続が可能な点、デモ機の貸し出しが可能な点など、ユーザーに便利な特徴を複数備えています。

主な使用用途は科学技術の研究用ですが、食品、薬品生産ラインでの測定検査にも本製品の導入が可能です。

Radiant Light S.L.の会社概要

製品を見る

Headwall Photonics, Inc.
Imaging with Raman Spectroscopy

Imaging with Raman Spectroscopy 画像出典: Headwall Photonics, Inc.公式サイト

特徴

Headwell社のラマンスペクトル分光器は、高いS/N比と信号信号処理能力を有する点が特徴です。

搭載されてる回折格子は、Headwell社独自で開発、製作されているもので無菌状態にセッティングされたクリーンルームで生産されているので、品質と性能には高い信頼性が保証されています。

この独自に設計された回折格子が、高い回折効率を得ること、回折の不具合が全くない状態を作り出すことに成功しています。

主な使用用途は、薬品検査と、化学物質の同定です。

Headwall Photonics, Inc.の会社概要

製品を見る

ARcoptix S.A.
The FT-NIR

The FT-NIR 画像出典: ARcoptix S.A.公式サイト

特徴

AR Coptix FT-NIR Rocketは、NIR(近赤外分析)スペクトル測定用に開発された分光器です。

高分解能かつ高感度、広い波長範囲を有し、強度、波長ともに安定しているので、あらゆるシーンにおける高い精度の測定を可能にします。

コンパクトで堅牢なつくりをしているので、持ち運びが容易であり、ラボでの分析、生産プロセスでの分析など、様々な状況および測定場所で使用することが可能です。

多くの利点があるにも関わらず、価格が経済的な点も大きな特徴です。

ARcoptix S.A.の会社概要

製品を見る

Andor Technology Ltd.
Kymera 328i

Kymera 328i 画像出典: Andor Technology Ltd.公式サイト

特徴

New Kymera 328 I は、ANDOR Oxford Instruments社が提供する,物理、化学、生命科学研究での測定用に開発された高機能マルチ仕様分光器です。

回折格子やレンズは自動制御が可能で、カメラの位置の設定に煩雑な手間がかかりません。

スペクトル分解能は、従来のものに比べて30%以上改善したため、より詳細な評価が可能となっています。

また、スペクトル分解能は、高レベル、中程度、低レベルの三段階が設定されており、測定する評価の状況に合わせて選択が可能です。

Andor Technology Ltd.の会社概要

製品を見る

分光器の66製品一覧

分光器のオンライン購入


秋月電子通商でチェック

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree