株式会社神戸製鋼所
株式会社安川電機
株式会社ダイヘン
日鉄溶接工業株式会社
川崎重工業株式会社
ファナック株式会社
パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社

【2021年版】アーク溶接ロボット メーカー7社一覧

アーク溶接ロボットのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


アーク溶接ロボットとは

アーク溶接ロボットは、アーク溶接を行うロボットで、他の溶接ロボットと比較するとやや小型です。アーク溶接では、アーク放電によって強烈な光と強力な紫外線が放出されるので、非常に高い温度で作業を行っています。ゴーグルや作業服で保護していてもやけどの危険性があり、金属が蒸気となったヒュームを吸い込むと有害なため、ロボットによる作業の需要が多い現場です。

ロボットはスピードが速く、安定した品質の溶接を行うことができるメリットがあり、コスト削減にも貢献しています。

アーク溶接ロボットの使用用途

アーク溶接は鉄鋼同士や、アルミニウム、チタンといった金属の接続に利用されており、ほぼすべての金属の構造物に適用されています。鉄骨フレームや建設機械、自動車、鉄道車両、航空機、船舶といった大型の機械の溶接が行われ、アーク溶接ロボットはこうした機械類の工場で使用されています。

近年溶接の合理化が進んでおり、アーク溶接ロボットの導入事例も増えています。アーク溶接の一種であるティグ溶接、マグ溶接等にも対応しています。

アーク溶接ロボットの原理

アーク溶接は、空気中の放電を利用しています。電極となる溶接棒に電流を流し、接合したい金属に接触させて、引き離すと、アーク放電が起こります。このアークは最高20000℃にも達するほど高温なので、金属が素早く溶け、接合することができます。人がアーク溶接を行う場合には資格を取得する必要があります。

ロボットは人のような精密な動きが可能なように垂直方向に6軸、7軸の多関節を持っていて細かな動きが可能になっています。それぞれの軸ごとに可動できる角度や速度が決まっており、資格を持つ作業者が使用前にロボットに溶接の条件をティーチングし、設定します。この際の条件決めや位置決めが重要で、実溶接を行いながら決める場合もあります。

実際に溶接を行う部分は溶接トーチと呼ばれ、ロボットの先端に固定します。溶接対象に合わせてトーチやコンタクトチップ、ガスの有無などを選択します。作業者が治具で溶接対象物をロボットに設置し、溶接作業が完了してから取り外す必要があります。

参考文献
https://www.sanpo-pub.co.jp/omoshiro/qanda/_1_3.html

アーク溶接ロボットのメーカー情報

アーク溶接ロボットのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社神戸製鋼所
  2. 2 川崎重工業株式会社
  3. 3 株式会社安川電機

設立年の新しい会社

  1. 1 パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社
  2. 2 日鉄溶接工業株式会社
  3. 3 ファナック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 川崎重工業株式会社
  2. 2 株式会社神戸製鋼所
  3. 3 株式会社安川電機

アーク溶接ロボットのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す