蛇の目ミシン工業株式会社

【2021年版】卓上ロボット メーカー5社一覧

卓上ロボットのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


卓上ロボットとは

卓上ロボット

卓上ロボット(英語: Desktop robot)は、机の上に載せて使うことが出来る程度のサイズのロボットのことです。

良く使われる用途としては、FA用途、販売用途における販売員のサポートを行うために使用されます。

独自に自社製品に合わせて開発されるケースもあれば、ロボットメーカーの汎用品を組み合わせて作るケースもあります。

特にFA用途における細かな作業を人からロボットへ置換するために用いられます。

専用部を置換することで様々な用途へ展開することができます。

卓上ロボットの使用用途

卓上ロボットはFA(ファクトリーオートメーション)における自動化を促進することを目的に利用されます。

卓上ロボットは、昨今の状況では2つのタイプに大別でき、使用目的、使用環境などに合ったタイプのを卓上ロボットを選定必要があります。

卓上ロボットの区分を以下に記載します。

  • 多軸型卓上ロボット:1つのアームで仕事をするロボット(溶接、切断などの単工程)
  • 双腕型卓上ロボット:2つのアームで仕事をするロボット(組み立てなどの複数工程)

卓上ロボットの原理

ここでは卓上ロボットの原理について説明します。

卓上ロボットは、一般的に仕事を行うための専用部とそれを動かすための可動部、そして全体を制御するための制御部の3構成で構成されています。

各種用途に必要となる動きを体現化するための専用部により、溶接、切断、組み立てなどの作業を行う役割を持ち、製造業において自動車、電気機器製造などの様々な分野で使用されています。

一例として、以下に車載用駆動モータの生産ラインで使用されている卓上ロボットの組み立て工程における事例をご紹介します。

  1. 直材が加工ステーションに到着。
  2. 識別センサにより、加工物を確認。
  3. 識別センサより、卓上ロボットへ指示が入り、自工程における組み立て作業を開始する。
  4. 専用部の治具を入れ替え、組み立て作業を実施。

卓上ロボットは塗布・組立・基板分割・はんだ・検査など汎用性に優れているため、 多品種少量生産を行うセル生産現場に最適です。

参考文献
https://www.janome.co.jp/industrial/jpn/products/desktop_robot/index.html
https://www.orimvexta.co.jp/product/detail/?id=006001

卓上ロボットのメーカー情報

卓上ロボットのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 蛇の目ミシン工業株式会社
  2. 2 株式会社鳥羽洋行
  3. 3 株式会社安川メカトレック

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社コスモスウェブ
  2. 2 蛇の目ミシン工業株式会社
  3. 3 オリムベクスタ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社鳥羽洋行
  2. 2 株式会社安川メカトレック
  3. 3 蛇の目ミシン工業株式会社

卓上ロボットのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す