【2021年版】パレタイザーロボット メーカー2社一覧

パレタイザーロボットのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


パレタイザーロボットとは

パレタイザーロボットはパレットの上に荷物を積み込む(パレタイジングする)ロボットです。基本的にパレタイジングは自動で行われます。

パレタイザーロボットの構成として、主に6軸となるロボット部分、荷物をつかむロボットのハンド部分、ロボットの制御や現状確認を行う制御部分に分かれます。

パレタイザーロボットを導入する際には、ある一定規格以上のサイズ(電源容量)となった場合に安全柵などを設けなければなりません。

パレタイザーロボットの使用用途

パレタイザーロボットはパレットに積載する役割であるので、その動作をする業界は全て利用することができます。またロボットでつかむことができるかどうかはハンドの形状が荷物をつかむことができる形状を用意できるかにかかっています。

一般的に用いられるのはダンボールの積載です。これは2枚の板で構成されたハンドで挟むような方法を取ります。またオリコンや瓶ビールのケースも似たような形でつかみます。またペール缶などの容器は上から吸着します。 

パレタイザーロボットの原理

ロボットの構成要素と原理を紹介します。産業用ロボットは動作を行い作業するマニピュレータ、マニピュレータを動かして制御するコントローラ、マニピュレータに動作を教えるプログラミングペンダントで構成されています。基本的にはこの3要素でできています。

マニピュレータの6つの軸にはACサーボモータを使用して制御するのが一般的です。それぞれ体の旋回、体を前後に動かす下腕、腕を上下に動かす上腕、腕を回転させる手首旋回、手首を回転させる手首回転の6つに分かれます。

パレタイザーロボットがパレットに積載する際、XYZの座標を設定することでパレタイジングすることができます。またその他の方法として最近主流になってきているのが、画像認識を用いた座標認識です。パレット上部から撮影を行い、スペースを判断します。そして自動で積載すべき場所を判断して積載します。事前に座標を設定しなくてよいメリットはありますが、コストが多少かかってしまうところが難点です。

参考文献
https://www.yaskawa.co.jp/product/robotics/about
https://www.okurayusoki.co.jp/product/pallet/robot_01/

パレタイザーロボットのメーカー情報

パレタイザーロボットのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 大和エンジニアリング株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日本NOIDAロボット技研株式会社
  2. 2 大和エンジニアリング株式会社

歴史のある会社

  1. 1 大和エンジニアリング株式会社
  2. 2 日本NOIDAロボット技研株式会社

パレタイザーロボットのメーカー2社一覧


関連記事

カテゴリから探す