【2021年版】パレタイザーロボット メーカー2社一覧

パレタイザーロボットのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


パレタイザーロボットとは

パレタイザーロボットはパレットの上に荷物を積み込む(パレタイジングする)ロボットです。基本的にパレタイジングは自動で行われます。

パレタイザーロボットの構成として、主に6軸となるロボット部分、荷物をつかむロボットのハンド部分、ロボットの制御や現状確認を行う制御部分に分かれます。

パレタイザーロボットを導入する際には、ある一定規格以上のサイズ(電源容量)となった場合に安全柵などを設けなければなりません。

パレタイザーロボットの使用用途

パレタイザーロボットはパレットに積載する役割であるので、その動作をする業界は全て利用することができます。またロボットでつかむことができるかどうかはハンドの形状が荷物をつかむことができる形状を用意できるかにかかっています。

一般的に用いられるのはダンボールの積載です。これは2枚の板で構成されたハンドで挟むような方法を取ります。またオリコンや瓶ビールのケースも似たような形でつかみます。またペール缶などの容器は上から吸着します。 

パレタイザーロボットの原理

ロボットの構成要素と原理を紹介します。産業用ロボットは動作を行い作業するマニピュレータ、マニピュレータを動かして制御するコントローラ、マニピュレータに動作を教えるプログラミングペンダントで構成されています。基本的にはこの3要素でできています。

マニピュレータの6つの軸にはACサーボモータを使用して制御するのが一般的です。それぞれ体の旋回、体を前後に動かす下腕、腕を上下に動かす上腕、腕を回転させる手首旋回、手首を回転させる手首回転の6つに分かれます。

パレタイザーロボットがパレットに積載する際、XYZの座標を設定することでパレタイジングすることができます。またその他の方法として最近主流になってきているのが、画像認識を用いた座標認識です。パレット上部から撮影を行い、スペースを判断します。そして自動で積載すべき場所を判断して積載します。事前に座標を設定しなくてよいメリットはありますが、コストが多少かかってしまうところが難点です。

パレタイザーロボットに使用されるハンド

パレタイザーロボットが行うパレタイジングは、基本的に毎回同じ商品を把持します。そして、その商品は段ボールや厚紙の個装箱、板形状である場合が多いです。商品の大きさにもよりますが、商品が段ボールや厚紙の個装箱の場合は、商品の両サイドから挟んで把持するタイプのハンドが使用されます。商品の把持後は、パレタイザーロボットによって把持した商品が運ばれ、パレット上へと整列されます。この時、パレタイザーロボットによる搬送中に商品を落下させないように、ハンドの把持部にフォークが装着されている場合があり、商品の両サイドから挟むことに加えて下から支えることで安定した商品運搬作業を実現できるようになります。商品のデリケートさや、搬送中の遠心力などを考慮して商品を挟む力を決定する必要があります。

一方、把持する商品が板形状であったり、段ボールや厚紙の個装箱が大型で両サイドから挟むことが難しい場合は、商品を吸着できるハンドが使用されます。このハンドには吸着機構が設けられ、商品と吸着部を接触させて吸引することで商品を取得します。商品の大きさやデリケートさを考慮して吸着部の数や吸着圧を決定する必要があります。

ロボットによるパレタイズ作業実現の難しさ

従来より行われているロボットによるパレタイズ作業(決まった位置の商品を決まった位置へ積み込む)であれば比較的容易にシステムを実現することができます。

しかし近年は、バラバラに積まれた商品を自動で認識し、それを決まった位置に積み込むような新たなパレタイズが求められています。このようなパレタイズを実現するにはビジョンシステムがキー技術となります。カメラや3Dセンサなどで商品を認識し、画像処理でパレタイザーロボットがどのように商品を取得すれば良いのかを算出します。その情報をパレタイザーロボットが受け取って商品を把持し、決められた位置に搬送し積み込みます。

この新たなパレタイズ技術を確立できれば、これからの時代に主流となる多品種少量生産に適用することができ、日本のものづくりをアップデートできると言われています。

参考文献
https://www.yaskawa.co.jp/product/robotics/about
https://www.okurayusoki.co.jp/product/pallet/robot_01/
https://www.fujiyusoki.com/products/palletizer/hand/

パレタイザーロボットのメーカー情報

パレタイザーロボットのメーカー2社一覧


パレタイザーロボットのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 大和エンジニアリング株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日本NOIDAロボット技研株式会社
  2. 2 大和エンジニアリング株式会社

歴史のある会社

  1. 1 大和エンジニアリング株式会社
  2. 2 日本NOIDAロボット技研株式会社

関連記事

カテゴリから探す