株式会社神戸製鋼所
株式会社ダイヘン

【2021年版】溶接ロボット メーカー7社一覧

溶接ロボットのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


溶接ロボットとは

溶接ロボットとは、重工業では必ず行われる溶接加工を自動で行うことができる産業用ロボットのことです。

溶接ロボットを導入することで、省人化することや、時間的な制約に縛られないため、生産性の向上を図ることや、短時間かつ安定した作業によって作業効率を上げることや、溶接作業に伴う事故や健康被害などのリスクやヒューマンエラーによるミスを減らすことができることなどといった多くのメリットがあります。

また、作業員の技能によるばらつきなどがないため、常に均一な製品を生産することが出来、品質の信頼性を向上させることにもつながります。

溶接ロボットの使用用途

ここで、溶接ロボットの使用用途について説明します。

溶接ロボットは、溶接加工を無人で自動的に行う用途に使用されています。

無人で行えるため、省人化による人件費の削減や、人材不足による作業効率の低減を防止することに貢献しています。

また、人手で溶接加工を行う際には、加工時に刺激が強い光が生じることで失明のリスクにつながったり、有害なガスなどが発生することによる健康被害などのリスクも高いため、作業環境の安全性の向上という点でも役立っています。

溶接ロボットの原理

続いて、溶接ロボットの原理について説明します。

溶接ロボットは、アーム形状をしており、関節部分を多く持つことによってスムーズな動作を行うことができる構造になっています。

溶接ロボットのアームの先端に溶接加工を行うトーチが付いており、このトーチ部分を替えることで多種の溶接作業を行うことが出来ます。

コンピューター上で溶接ロボットの作業動作に関する指示をプログラミングすることで、溶接ロボットが自動で作業を行うことができるようになります。

プログラムした通りの動作を無駄なく続けるため、作業効率が高いですが、単純な動きを得意とする反面、複雑な形状や面に対する溶接などには不向きという側面を持っています。

そのため、現状で溶接ロボットが作業できる範囲は、水平、下、横の向きでの溶接作業が主体となります。

参考文献
https://jss1.jp/column/column_88/
https://www.kobelco.co.jp/welding/system/
https://www.daihen.co.jp/products/robot/device/
https://mitsu-ri.net/articles/welding-automation
https://www.e-mechatronics.com/product/robot/arc/

溶接ロボットのメーカー情報

溶接ロボットのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社神戸製鋼所
  2. 2 株式会社ダイヘン
  3. 3 エア・ウォーター株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日本サポートシステム株式会社
  2. 2 株式会社特電
  3. 3 株式会社金太

歴史のある会社

  1. 1 株式会社神戸製鋼所
  2. 2 株式会社ダイヘン
  3. 3 エア・ウォーター株式会社

溶接ロボットのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す