株式会社安川電機
平田機工株式会社
安長電機株式会社
三菱電機株式会社
セイコーエプソン株式会社

【2021年版】多関節ロボット メーカー6社一覧

多関節ロボットのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


多関節ロボットとは

多関節ロボットとは、アームにジョイントという関節部分を3つ以上持つロボットのことで、この複数の関節で回転・屈折・曲げ伸ばし・上下運動などの動作を組み合わせて、人間の動きに似た動作を行うことが出来る産業機械のことです。

これらの動きに加えて、ロボット特有の直動関節を持つことで、上下、前後、左右の方向に可動部分を伸縮させるというロボット独自の動作を行うことができます。

多関節ロボットの中でも主要で高い人気があるものに、垂直多関節ロボットがあり、マニピュレータ部分、コントローラ部分、プログラミング記憶端末のティーチペンダント部分で構成されています。

多関節ロボットの使用用途

ここで、多関節ロボットの使用用途について説明します。

多関節ロボットは、人間の動きに似た動作を行うことができるため、人間が体力的や、身体的な面で労力を消耗するような過酷な作業を人間の代わりに行うことや、熟練した技能が必要な作業を移行する用途などで使用されています。

これらの作業をロボットに代替することで、人材不足の解消や人件費の削減が見込めることに加え、疲労などによるミスや作業者間における品質のばらつきをなくすことができます。

また、AI技術の発展に伴って、センサーやカメラなどを多関節ロボットに取り付けることで、自動で検査などを行うことにも使用されています。

多関節ロボットの原理

続いて、多関節ロボットが人間の動きに似た動作を行うことができる原理について説明します。

垂直多関節ロボットは、リンクとジョイントの2つにおいて、人間の構造と共通した部分を持っています。

ロボットにおけるリンクとジョイントはそれぞれ人間の骨と関節部分にあたり、リンクとジョイントを点と線でつなぐことで、人間が行う動作と同じような動きをロボットで行うことが出来ます。

また、従来は油圧によって駆動させていましたが、現在はモーター駆動が一般的になり、電子制御によってより細かな動作を実現することが出来ています。

参考文献
https://jss1.jp/column/column_106/
https://jss1.jp/column/column_31/#i-4
https://www.denso-wave.com/ja/robot/product/five-six/
https://www.shibaura-machine.co.jp/jp/product/robot/lineup/tv/
https://www.keyence.co.jp/ss/products/vision/fa-robot/industrial_robot/mechanism.jsp
https://www.fa.omron.co.jp/products/category/robotics/industrial-robots/articulated-robots/
https://robotics.kawasaki.com/ja1/xyz/jp/1803-01/

多関節ロボットのメーカー情報

多関節ロボットのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三菱電機株式会社
  2. 2 セイコーエプソン株式会社
  3. 3 株式会社安川電機

設立年の新しい会社

  1. 1 安長電機株式会社
  2. 2 鍛治島工業株式会社
  3. 3 平田機工株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社安川電機
  2. 2 三菱電機株式会社
  3. 3 セイコーエプソン株式会社

多関節ロボットのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す