株式会社安川電機
SMC株式会社

【2021年版】ハンドリングロボット メーカー6社一覧

ハンドリングロボットのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ハンドリングロボットとは

ハンドリングロボットとは、主に製造工場などでワークを搬送するために使うロボットのことを言います。

人の腕のように動く多関節ロボット、パラレルリンクロボット、水平方向と垂直方向だけに特化したスカラーロボットなどがあります。

産業用ロボットは安全柵で覆う必要がありましたが、最近増えている人協働ロボットは人と接触しても人がケガしにくい構造、スピードになっており、まさに人とともにハンドリング作業を行うロボットになっています。

ハンドリングロボットの使用用途

ハンドリングロボットは、主にピックアンドプレースや梱包、パレタイジングなどの作業を行います。

ピックアンドプレイスは特定の位置にある部品や製品(ワーク)をつかみ、持ち上げて指定の位置に運び、ワークをおろす作業で、パラレルリンクロボットやスカラロボット、多関節ロボットなどほとんどのロボットが使用されています。

梱包はピックアンドプレイスに近い作業ですが、製品を段ボールや発泡スチロールなどの梱包材に詰める作業で、アームが2本ある双腕型スカラロボットや複数のスカラロボットなどが使われています。

パレタイジングは、パレットの上に梱包された製品やカートン、箱、袋、製品自体などの荷物を整列、積み上げていく作業で、重量物に対応でき、広い範囲を動くことができる多関節ロボットが使われています。

ハンドリングロボットの原理

ハンドリングロボットは、人不足が深刻になると予想される将来への準備として人の代わりに製造工程の一部を担う存在となっています。重たいものを簡単に持ち上げることができ、24時間365日休むことなく働き続けることができます。

人と同じ視覚を3次元ビジョンセンサで代替することで、3次元的にワークの状態を確認して、必要な箇所を把持することができるようになってきました。そのため、従来はパーツフィーダとよばれるワークを整列させ、所定の位置に運ぶ装置を使ってワークの供給を行っていましたが、ロボットが見て判断して把持できるようになったため、いわゆるバラ積み状態でワークをもつことができるようになりました。

また、これまでは人とロボットの間には安全柵が必要でしたが、人にやさしい設計になった人協働ロボットを使うことで安全柵を使うことなく、人からロボットに手渡しでワークを渡すこともできるようになっています。

参考文献
https://jss1.jp/column/column_120/

ハンドリングロボットのメーカー情報

ハンドリングロボットのメーカー6社一覧


ハンドリングロボットのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 SMC株式会社
  2. 2 株式会社安川電機
  3. 3 株式会社キーエンス

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社九州テクノロジー
  2. 2 アイズロボ株式会社
  3. 3 株式会社HCI

歴史のある会社

  1. 1 株式会社安川電機
  2. 2 SMC株式会社
  3. 3 株式会社キーエンス

関連記事

カテゴリから探す