株式会社TERADA
デルタ電子株式会社
サンケン電気株式会社
Vicor
STマイクロエレクトロニクス

【2021年版】ACDCコンバータ メーカー9社一覧

ACDCコンバータのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ACDCコンバータとは

ACDCコンバータとは、交流電源(AC)を直流電源(DC)に変換する装置のことで、家庭内の身近な機器などでも多く使用されています。

交流電源を直流電源に変換するために、半導体素子を用いて整流を行っています。整流の方法については素子交流電圧の半分の直流成分を得る半波整流と、交流電圧のすべての直流成分を得る全波整流に分けることができます。

またコンバータと対照的に直流電源を交流電源に変換する装置のことをインバータといいます。

ACDCコンバータの使用用途

ACDCコンバータは身近なところで幅広く使用されています。パソコンやスマートフォンなどの、充電して使用するほとんどの機器はDC電源を必要とします。

家で充電を行う場合、家庭内へは、AC100Vの電源が供給されているため、このままではこれらの機器を充電することができません。そこで充電器のアダプタ内で、AC100V電源をDC24Vなどの直流電圧に変換し機器へ直流電圧を供給しています。このアダプタがACDCコンバータです。

ACDCコンバータの原理

ACDCコンバータは、交流(AC)を直流(DC)に変換する装置です。交流は正弦波成分を持つため、時間とともにプラス/マイナスが入れ変わります。直流に変換するために、ダイオードなどの半導体素子を用いて、半波整流ならばプラス成分のみを抽出することで直流へ変換を行い、全波整流ならばプラス成分に加えて、マイナス成分を反転させプラス成分として抽出し、交流のすべてを直流に変換します。

また交流は正弦波であるため、直流へ変換した際も波成分(脈動)が残ってしまいます。そこで脈動を抑えるために、半導体と並列にコンデンサーを接続し脈動成分を抑制することで、より綺麗な直流成分を得ることができます。このコンデンサーのことを平滑コンデンサーといいます。

また半導体は、p型半導体とn型半導体とからなり、エネルギー準位がp側の方が高いため、p側からn側へは電流を流しやすいが、n側からp側へは電流を流しづらいことを利用しています。

参考文献
https://www.rohm.co.jp/electronics-basics/ac-dc-converters/acdc_what4

ACDCコンバータのメーカー情報

ACDCコンバータのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 STマイクロエレクトロニクス
  2. 2 サンケン電気株式会社
  3. 3 Vicor

設立年の新しい会社

  1. 1 デルタ電子株式会社
  2. 2 STマイクロエレクトロニクス
  3. 3 ゼネラル物産株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社TERADA
  2. 2 サンケン電気株式会社
  3. 3 二和電気株式会社

ACDCコンバータのメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す