日本電気株式会社

【2021年版】光変換器 メーカー6社一覧

光変換器のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


光変換器とは

光変換器は光メディアコンバータとも呼ばれ、電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換する装置です。

LANケーブルに代表されるメタルケーブルを使った通信では、電位差を電気信号として伝送しますが、伝送距離が長くなると電気信号が減衰し、さらにケーブル内外で発生する電磁波ノイズの影響で、通信エラーが起こりやすくなります。

光ファイバーを使った通信では、光の点滅を信号として伝送します。光ファイバー内の光信号は減衰率が低く、電磁波の影響も受けないので、2本のメタルケーブルの間に長い光ファイバーを挟むことで、安定した長距離通信が実現できます。

このとき、メタルケーブルと光ファイバーを接続するのが光変換器です。

光変換器の使用用途

コンピュータとその周辺機器、製造装置、家電機器に至るまでネットワークで接続されている現在、あらゆる場所でデータ通信設備を必要としています。そして、光ファイバーには、減衰率が低いこと、ノイズに強いこと、軽量であること、腐食や錆に強いことなどのメリットがあることから、全国に光ファイバーによる通信網が展開されています。

ネットワークに接続されている機器は、電気信号で動作します。光ファイバーによって伝送された光信号は、そのままでは使えません。信号として利用するためには光変換器が必要です。

一般家庭やオフィスビルに引き込まれている光回線からそれぞれのLANシステムへのつなぎ目、全国に存在するWiFi通信設備と光回線との接続部分など、光変換器は多岐にわたる場所で使用されています。

光変換器の原理

電気信号を光信号へ変換することを「EO変換」と呼び、光信号の光源としては半導体レーザーが使われます。レーザー光の変調方法には、電気信号を直接半導体レーザーの駆動電流として供給する直接変調と、半導体レーザー自体は連続駆動しその光を変調器で変調する外部変調があります。直接変調は、小型で変調回路を容易に構成できるというメリットがありますが、直接駆動するため半導体レーザーの発振遅延による波形劣化を起こしやすいという欠点があります。そのため、長距離通信用途では外部変調が採用されます。

光信号を電気信号に変換することを「OE変換」と呼び、光入力をフォトダイオードで電気信号に変換します。フォトダイオードは光センサーとも呼ばれる半導体素子で、PN結合で構成されています。フォトダイードのP側を電源のマイナス、N側をプラスに接続すると、逆接続なので電流は流れず、PN接合面周辺には空乏層と呼ばれる領域ができます。この空乏層に光が当たると電子と正孔が発生し、電子はN側の電極へ、正孔はP側の電極へ移動して、P側からN側へと電流が流れます。光が入力した時にだけ電流が流れるこの原理を使って、光信号は電気信号に変換されます。

EO変換器とOE 変換器をセットにしたものが、光変換器です。

参考文献
https://www.tmele.jp/wp2020/wp-content/themes/tamagawadenshi/images/case/case_rof.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jiep1998/9/7/9_7_574/_pdf
https://www.sanwa.co.jp/product/network/hikariconverter/converter.html

光変換器のメーカー情報

光変換器のメーカー6社一覧


光変換器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本電気株式会社
  2. 2 株式会社精工技研
  3. 3 マイクロウェーブファクトリー株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 マイクロウェーブファクトリー株式会社
  2. 2 株式会社コスミックエンジニアリング
  3. 3 FITリーディンテックス株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日本電気株式会社
  2. 2 株式会社精工技研
  3. 3 FITリーディンテックス株式会社

関連記事

カテゴリから探す