鶴賀電機株式会社
神港テクノス株式会社
渡辺電機工業株式会社
横河電機株式会社
株式会社第一エレクトロニクス
株式会社日立ハイテク
株式会社ユー・アール・ディー
株式会社ピーアンドエフ
株式会社チノー
株式会社シマデン
株式会社オートニクス
株式会社エム・システム技研

【2021年版】信号変換器5選 / メーカー51社一覧

信号変換器のメーカー51社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


信号変換器とは

信号変換器とは、さまざまな種類のセンサーからの電気信号を工業用の電流信号に変換する装置のことを言います。
電気信号のデータは、計測の種類によってさまざまで、データもバラバラです。
そのバラバラなデータのままでは、制御回路に取り込みをすることは難しいです。
その時に、データをまとめることのできる機械が信号変換器です。

信号変換器と一言で言っても、たくさんの種類があります。

  • アイソレータ
  • パルス変換器
  • カップル変換器
  • ロードセル変換器

信号変換器の使用用途

信号変換器にもさまざまな種類があります。代表的な4種類を以下に紹介します。

  • アイソレータ
    センサーなどでトラブルがあった際に、センサーと制御回路の間に入り、信号を電気回路的に切り離すことのできる
    信号変換器の事を指します。
  • パルス変換器
     電力には、周波数と呼ばれる電気信号の波があります。これをパルス信号と呼んでいます。
    パルス変換器とは、このパルス信号をアナログ信号に変換することのできる信号変換器です。
  • カップル変換器
     熱電対と呼ばれる温度を計測するセンサーで計測した温度を、この変換器を通してコントローラーに入力します。
    そうして制御を行うことで、計測内部の温度を均一に保つことが出来ます。
  • ロードセル変換器
     ロードセルとは、力を計測するセンサーの事です。
    このロードセルで計測した数字を電気信号に変換します。
    電気信号に変換することによって、計測した数値をデジタル表示させたりと、さまざまなことが可能になります。

信号変換器の原理

信号変換器は、さまざまな種類の製品で使用されています。
温度や力など、そのままのデータでは扱いづらいものを使用用途によって使用用途に合った信号変換器を使用することで、
データを抽出して使えるようにすることが出来ます。

普段はあまり目にするようなものではありませんが、さまざまな場面で利用されており必要不可欠な機械となっています。

参考文献

https://www.fa.omron.co.jp/guide/technicalguide/63/312/index.html

https://e-sysnet.com/henkan2/

https://www.m-system.co.jp/products/signal/signal40.html

https://www.fa.omron.co.jp/data_pdf/commentary/signals_tg_j_2_3.pdf

信号変換器のメーカー情報

信号変換器のメーカー51社一覧


信号変換器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 ミネベアミツミ株式会社
  3. 3 オムロン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 クーパー・インダストリーズ・ジャパン株式会社
  2. 2 へニックス株式会社
  3. 3 株式会社ニオ

歴史のある会社

  1. 1 横河電機株式会社
  2. 2 ハカルプラス株式会社
  3. 3 英弘精機株式会社

信号変換器5選

JUXTA VJシリーズ信号変換器

横河電機株式会社 JUXTA VJシリーズ信号変換器 画像出典: 横河電機株式会社公式サイト

特徴

JUXTA VJシリーズ信号変換器は、小形ながらも、プラグイン形であり、様々なアプリケーションに対応可能であり、また高機能形は、マイコンを搭載している高性能を誇ります。

また第2出力に、アナログ出力、上限及び下限警報リレー出力、RS-485 MODBUS通信を設定することが可能で、入力範囲などの各種パラメータ及び演算プログラムは、(パラメータ設定ツールであるVJ77をインストールした)パソコンもしくはハンディターミナル(JHT200)から、設定及び修正することが可能です。

その特徴として、省スペース対応の設計で非常にコンパクトであり、その外形寸法は、高76×幅29.5×奥行124.5 mmとなっていて、またユニバーサル入力(VJU7)であり、温度変換器VJU7は、入力として熱電対や、測温抵抗体、もしくはmV信号を設定することが可能です。

横河電機株式会社の会社概要

製品を見る

CTU-8-CLS-CV5、CTU-8-CLS-CV50

株式会社ユー・アール・ディー CTU-8-CLS-CV5、CTU-8-CLS-CV50 画像出典: 株式会社ユー・アール・ディー公式サイト

特徴

CTU-8-CLS-CV5、CTU-8-CLS-CV50は、その特徴として、まずクランプ機構をフレームの内側に配置することで、コンパクトな設計にしており、また出力リード線にシース付ケーブル使用しており、そして、商用電源50Hz及び60Hz専用の、交流電流入力及び直流電圧出力(平均値整流型)であり、尚且つ電源不要で、センサから0-5VDC計装信号を出力していて、更にはダブルコイル構造によって、外部磁界の影響を低減可能であり(CTT-10-CLS-CV5 当社製品比)、加えて、過電圧クランプ素子を内蔵しています。

その仕様として、まずCTU-8-CLS-CV5は、定格電流(In)は5Aで、出力インピーダンスが6.8kΩ(typ)であり、応答性は300ms/0→FS(typ)となっていて、一方のCTU-8-CLS-CV50は、定格電流(In)は50Aで、出力インピーダンスが1.3kΩ(typ)であり、応答性は150ms/0→FS(typ)となっています。

その他の仕様は、出力電圧は0~5VDC/0~定格電流、6.5VDCリミッタ内蔵(typ)(推奨負荷抵抗≧10MΩ)であり、許容最大電流が200%(連続)、300%(10s)で、その出力精度は±1% FS(f=50Hz/60Hz 正弦波)となっていて、出力リップルが出力電圧の4%(typ)で、耐電圧はAC2000V(50/60Hz)、1min(貫通穴~出力端子一括 間)かつ、絶縁抵抗がDC500V/100MΩ以上(貫通穴~出力端子一括 間)となっています。

そして、その使用条件は -20℃~+50℃ ≦80%RHかつ結露のないことで、また保存条件は-30℃~+90℃ ≦80%RHかつ結露のないことであり、許容脱着回数が概略100回で、接続コネクタは、ソケットコンタクト:SXA-001T-P0.6と、プラグハウジング:XAP-03V-1(日本圧着端子製造㈱)であり、その適合端子は、ピンコンタクト:SXAM-001T-P0.6と、リセプタクルハウジング:XARR-03VF(日本圧着端子製造㈱)ですが、付属はしておらず、質量は 約60gです。

株式会社ユー・アール・ディーの会社概要

製品を見る

型式 5165A

日本キスラー株式会社 型式 5165A 画像出典: 日本キスラー株式会社公式サイト

特徴

型式 5165Aを含む、Kistler LabAmp(ラボアンプ)型式5165Aと5167Aは、圧電式センサを利用して力と、加速度や、圧力および、リアクショントルクだけではなく、歪みも測定するための、ユニバーサルチャージアンプであり、デュアルモードチャージアンプ型式5165Aは、動的なPEとIEPE信号を、型式5167Aは、圧電式センサからの準静的と動的信号の両方を処理可能です。

LabAmpは、柔軟性に富んだ信号処理によって、低ノイズ測定を提供可能であり、更に解析のための、より高精度な測定値を、ホストコンピュータに対して、直接送信することのできる、より強力なデータ収集機能を、保持しています。

マルチLabAmpは、追加の配線が必要なく、複数のLabAmpを接続して、同期させることが可能であり、例として、ダイナミックIEPE加速度計を利用して、圧電式動力計からの準静的なデジタル信号を、同時に測定可能であり、LabAmpファミリーはモジュール式のデータ収集システムと言えます。

その用途は、汎用及び研究開発用のチャージアンプに留まらず、動的測定や、電荷と、Piezotron® (IEPE) および電圧入力や、一体型データ収集だけでなく、Ethernetインターフェースや、TEDSなどで利用可能です。

日本キスラー株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 神奈川県横浜市港北区新横浜3-20-8 ベネックス S-3 2F
  • URL: https://www.kistler.com/ja/
  • 創業: 1959年
  • 従業員数: 2,200人

製品を見る

K3FPシリーズ

オムロン株式会社 K3FPシリーズ 画像出典: オムロン株式会社公式サイト

特徴

K3FPシリーズは6.2mmの超薄型サイズの超薄型信号変換器です。

その特徴としては、まず密着取りつけによって、装置のさらなる小型化に貢献可能であることと、また 8極の端子台を搭載することで、配線が容易になり、フレキシブルに対応できることが挙げられます。

また、入出力マルチレンジによって、要求される信号形態にフレキシブルに対応でき、僅かな電流消費によって、高精度のアナログ変換を実行可能であり、パワーブリッジで電源一括接続及び、省配線を実現しました。

オムロン株式会社の会社概要

製品を見る

シグナルコンディショナーClipX

HBM

特徴

シグナルコンディショナーClipXは、精度クラスが0.01であることと、内蔵されているの校正データシートによって、産業プロセス制御の際に、新スタンダードを築けるような次世代のシグナルコンディショナーです。

シングルもしくはマルチチャネルを要する、アプリケーションや、製造用のシステムと、テストベンチもしくは製造ラインのモニタリングなどにおいて、求められる計測用のタスクにとって、適切なソリューションを提供可能であり、プラグ・アンド・プレイによって、最大6台ものデバイスを同時に接続することが可能であり、その計測データを事前に演算することもでき、そしてこれまでの従来型のシグナルコンディショナーとは、大きく異なり、ClipXは直接のデータの処理ができるため、別のモジュールは不要です。

シグナルコンディショナーClipXは、デバイスを、既存の制御ネットワークに、完全に統合可能である最新のインタフェースを装備しており、遠隔操作や、パラメータ設定だけでなく、その診断すらも可能である、直感的なWebインタフェースによって、誰でも簡単にClipXを操作可能です。

その特徴として、まず精度クラスは0.01で、次にセンサ入力はフルブリッジもしくはハーフブリッジひずみゲージや、圧電式センサと、ポテンショメータや、Pt100と、電流および電圧に対応し、そしてインタフェースはPROFINET、EtherCAT®、PROFIBUS、イーサネット/ IP™、Modbus-TCP、アナログ(V / mA)デジタルI / O、イーサネット(TCP / IP)であり、IIoT(Industrial Internet of Things)対応として、Web統合、データ保存* OPC-UAサーバへの統合が挙げられます。

HBMの会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す