株式会社コンテック
株式会社インタフェース
東芝インフラシステムズ株式会社
ポートウェルジャパン株式会社
シーメンス株式会社

【2021年版】産業用コンピューター5選 / メーカー15社一覧

産業用コンピューターのメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


産業用コンピューターとは

産業用コンピュータは工場におけるFA(Factory Automation)用途に加え、医療機関や物流倉庫、ビル等の設備管理、その他、鉄道システムや道路交通管システム、航空管制システム等、非常に広範囲に利用されています。

通常の事務処理用途で使用するPCと比較するといくつかと特徴的な点があります。
まず、24時間365日フル稼働することが求められます。使用される目的から、ハングアップしたりして突然停止することは許されません。

極めて高い安定稼働が必要ですので構成するハードウェアおよびソフトウェアは高性能でなければなりません。したがって、必然的に通常のPCと比較して高価なものとなります。

更に、通常のPCの場合、せいぜい5~6年程度が一般的な使用期間ですが、産業用コンピューターの場合、ひとたび導入されると10年以上は継続して使用出来ようなスペックが要求されます。

産業用コンピューターの使用用途

代表的な使用例として工場におけるFAが挙げられます。ロボットなどの制御機器や各種測定機器の制御用コンピュータとして使用されます。したがって、これらの機器と通信を行うための通信プロトコルとインターフェースに対応している必要があります。

また、工場内での使用に耐えるためには、温度や湿度変化に対する稼働範囲が広くなければなりません。工場内は場所によっては振動が発生するケースも少なくないため耐震性も優れている必要があり、更に浮遊するゴミやチリに対する耐塵性も求められます。 

産業用コンピューターの原理

産業用コンピューターのOSとして最もよく使用されているのは、民生用PCと同様にWindowsです。
これは、様々なアプリケーション、ライブラリ等が豊富に揃っていることや今後も継続してOSのバージョンアップがなされていくことなどが挙げられます。

続いてLinuxで、更にOS非搭載機という順です。
OS非搭載機は販売時点でのことで、ユーザー側で自らOSをインストールして使用することになりますが、この場合はLinuxが多いようです。

Linuxはフリーライセンスであるということに加え、自ら手を加えることができることやWindows同様に今後も継続的にバージョンアップされていくであろうことが挙げられます。

産業用コンピューターの構造は、民生用のPCとは異なり、マイクロプロセッサが搭載されたボードに加え、専用のハードウェアがアドオンされているケースとマイクロプロセッサと専用ハードウェアを含め専用ボードとして作られているケースがあります。

いずれの場合も、その特性から民生用PCと比較して高性能かつ高信頼性部品が使用されています。

産業用コンピュータの価格

産業用コンピュータは、今後のIoTやM2Mが進んだ社会においてはなくてはならない存在となります。また、ものづくり現場において生産ラインのリアルタイム制御から、予防保全、品質向上などさまざまな工程で導入が進められています。

活躍の場を広げる一方で、導入コストが高いのではないかという心配もあります。ここでは事例別に産業用コンピュータの参考価格をご紹介します。

あくまで参考価格ですので、実際には販売代理店に用途と価格を相談のうえ、必ず見積もりをとってください。

医療用画像閲覧向けマシン ~100万円
ImageJやMatlabを駆使しつつ、将来的にDeepLearningに使う可能性がある場合にはやはり高価・高性能なPCが必要となります。

シミュレーション用PC ~80万円
光学シミュレーション用PCとして導入。24時間以上総当り計算をさせる目的で潤沢なメモリと高価なCPU構成となっています。

サーバー/データ登録用マシン ~40万円
windows server2019をインストールした24時間稼働向けの構成。工場内のネットワークでの利用を想定しており、接続機器から取得したデータを別サーバーへのデータベースへ登録することを目的としています。

産業用コンピュータの市場

ミック経済研究所の調査報告では、2018年度の産業用コンピュータの市場規模は1092億円となっています。その後、2022年まで成長は継続し、1361億円の市場まで成長すると予測しています。 また、2022年の産業用PCの市場のうち、21%がエッジコンピューティングの市場だと予測しています。これは社会のIoT化に起因しています。

工場やインフラ設備など24時間連続稼働や停止が許されない高信頼性な制御が求められる用途で使われてきましたが、近年ではIoTへの対応によって、あらゆるものが接続されるようになりました。

この膨大な情報を処理するための高信頼性コンピュータが求められており、産業用コンピュータの成長に拍車がかかっています。

参考文献
https://jss1.jp/column/column_153/
https://www.cybertrust.co.jp/blog/linux-oss/linux/industrial-pc.html
https://www.tegsys.net/case/caselist2/industrial/price-i/price-20-i/
https://www.automation-news.jp/2020/04/48632/

産業用コンピューターのメーカー情報

産業用コンピューターのメーカー15社一覧


産業用コンピューターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 東芝インフラシステムズ株式会社
  2. 2 株式会社日立産業制御ソリューションズ
  3. 3 株式会社コンテック

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社日立インダストリアルプロダクツ
  2. 2 東芝インフラシステムズ株式会社
  3. 3 株式会社日立産業制御ソリューションズ

歴史のある会社

  1. 1 日本電波株式会社
  2. 2 株式会社コンテック
  3. 3 株式会社インタフェース

産業用コンピューター5選

HF-W100E/LX

株式会社日立産業制御ソリューションズ HF-W100E/LX 画像出典: 株式会社日立産業制御ソリューションズ公式サイト

特徴

HF-W100E/LXは、LinuxOSを搭載していることが特徴の小型産業用コンピューターです。

LinuxOSには、主要証券取引所や投資銀行でも長期稼働実績のある「Red Hat Enterprise Linux」を採用しており、システムの安定稼働に寄与します。

ハードウェア面に関しては、幅192mm×奥行119mm×高さ50mm、重量約1.4kgと非常にコンパクトサイズのため省スペースに設置可能です。

24時間連続稼働を前提として使用期間7~10年を想定した設計になっており、交通分野、物流分野などの分野に適した製品です

株式会社日立産業制御ソリューションズの会社概要

製品を見る

FAM-8120-G

株式会社ファナティック FAM-8120-G 画像出典: 株式会社ファナティック公式サイト

特徴

FAM-8120-Gは、GPUボードを搭載可能な高性能な産業用コンピューターです。

NVIDIA社の代表的なGPUボードの搭載可能であるため機械学習や画像処理に力を発揮します。

9~48Vのワイドレンジ電源入力、-40~70℃の温度環境下にも耐えられる堅牢な設計になっていることも大きな特徴です。

振動および衝撃にも強い設計になっており、交通車両や搬送車上で高度な処理を実施したい用途に適した製品です。

株式会社ファナティックの会社概要

製品を見る

GPC-700

株式会社コンテック GPC-700 画像出典: 株式会社コンテック公式サイト

特徴

GPC-700は、スモールタワー型の産業用コンピューターです。

スリムな筐体でありながら、第6世代インテルCoreプロセッサを搭載し、3つのギガビットLANポートやCPU統合型のグラフィックスコントローラーを備え、
高いパフォーマンスを備えています。

タワー型なので必要なパーツの増設がやりやすく拡張性にも優れています。

世界18の地域における安全規格に対応していることも大きな特徴で、グローバルに事業を展開している企業に適した製品です。

株式会社コンテックの会社概要

製品を見る

CP30 model 300

東芝インフラシステムズ株式会社

特徴

CP30 model 300は、小型の組み込み産業用コンピューターです。

ファンレスかつスピンドルレスのため高信頼性とコンパクトな筐体が特徴です。

24時間連続稼働を前提とし、長寿命部品を選別して構築しているため信頼性が高い上、本体前面部からSSDユニットなどを容易交換可能な設計となっておりメンテナンス性にも優れています。

長期間安定して稼働が求められるエッジコンピューティング、社会インフラシステムなどの用途に適した製品です。

東芝インフラシステムズ株式会社の会社概要

製品を見る

PT-116

ポートウェルジャパン株式会社 PT-116 画像出典: ポートウェルジャパン株式会社公式サイト

特徴

PT-116は、タブレット型で可搬性の高いことが特徴の産業用コンピューターです。

ディスプレイ部は11.6インチでフルHDの解像度があり、視認性に優れている上、マルチタッチに対応したタッチパネルになっているため
操作性にも優れています。

-10℃から50℃までの温度環境でも動作可能であり、IP65の防塵・防水性能を備えるなど、堅牢な設計になっています。

様々な天候条件に晒される屋外での使用や、可搬性が必要な現場に適した製品です。

ポートウェルジャパン株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す