産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社椿本チエイン
株式会社エフ・エー・テクノ
株式会社TAIYO
日本電産シンポ株式会社
ナブテスコ株式会社
ヴィッテンシュタイン・ターナリー株式会社

【2020年版】サーボモーター減速機 メーカー20社一覧

サーボモーター減速機のメーカー20社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


サーボモーター減速機とは

サーボモーター減速機(英語: Servo Motor Decelerator)は、サーボモーターの動力源の出力軸から得た動力を、ギヤ(歯車)の回転速度を減じて出力することで、減速比に比例したトルクを得ることができる装置です。

ハイポイドギヤ、ヘルカルギヤ、ウォームギヤ等の任意をギアを選定し、サーボモーターと組み合わせることで幅広い用途での展開が可能です。

サーボモーターと任意の減速機を合わせることで用途に応じたシステム構成が可能となり、専用モーター等を用いることなく安価に具現化できることがメリットとなります。

各種用途にあわせたギアを選定することがシステムを構成する上で重要なファクターとなります。

同様の思想でギヤードモーターやギヤボックスと呼ばれる製品も存在します。

サーボモーター減速機の使用用途

サーボモーター減速機は輸送機器・電子機器などの生産設備における駆動部や位置決め機構を構成することを目的に利用されます。

サーボモーター減速機を用いることによる最大のメリットは用途ごとに減速比に比例したトルクを得ることができる点です。

デメリットとしては、ギアを介してトルクを出力するためギアが破損した際に、ユニット交換などのメンテナンスが必要となる点です。

主な仕様用途としては以下があります。

  • 多関節ロボットの駆動部
  • 圧入装置の圧入機構

サーボモーター減速機の原理

ここではサーボモーター減速機の原理について説明します。サーボモーター減速機は、一般的にサーボモーターの出力軸から得た動力を、ギヤ(歯車)の回転速度を減じて出力することで、減速比に比例したトルクを得ることできます。

サーボモーター減速機の仕様としては大きく直交軸(ハイポイドギヤ、ウォームギヤ)、平行軸(ヘリカルギヤ)の2つに分類されます。

さらに直交軸の中でもハイポイドギヤ、ウォームギヤの2つに分類されます。

それぞれの特徴を以下に記載します。

  1. ハイポイドギヤ
    直交軸で高効率であることが特徴。出力軸が中空・中実で、0.2~4kW程度のモータとの組み合わせが可能。減速比が1/5~1/200。
  2. ヘリカルギヤ
    平行軸で高効率であることが特徴。出力軸が中実・フランジで、0.2~4kW程度のモータとの組み合わせが可能。減速比が1/5~1/200。
  3. ウォームギヤ
    直交軸で高強度かつ高い静粛性を持つことが特徴。出力軸が中実で、0.2~15kW程度のモータとの組み合わせが可能。減速比が1/10~1/60。

参考文献
https://www.nissei-gtr.co.jp/gtr/product/servomotorreducers/
https://www.tsubakimoto.jp/power-transmission/reducer/servo-motor/reducer/

サーボモーター減速機のメーカー情報

サーボモーター減速機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社椿本チエイン
  2. 2 ナブテスコ株式会社
  3. 3 日本電産シンポ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 アペックスダイナミックスジャパン株式会社
  2. 2 ナブテスコ株式会社
  3. 3 directindustry

歴史のある会社

  1. 1 住友重機械ギヤボックス?
  2. 2 株式会社椿本チエイン
  3. 3 株式会社TAIYO

サーボモーター減速機のメーカー20社一覧


関連記事

カテゴリから探す