【2021年版】ATXマザーボード メーカー1社一覧

ATXマザーボードのメーカー1社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ATXマザーボードとは

ATXマザーボードとは、ATX仕様のコンピュータ用のシステムを構成するための最も基本的なデバイス群を搭載した電子基板です。MBと略され、システムボード、メインボード、ロジックボードなどと呼ばれています。

コンピュータのあらゆる部品はケーブルやコネクタなど何らかの形でマザーボードに接続され、各種部品間の通信・電力供給もマザーボードを介して行われます。コンピュータの基本動作を支える重要な役割を果たします。

ATXマザーボードの使用用途

ATXマザーボードは、ATX電源やCPU、メモリ、外部記憶装置などと組み合わせ、デスクトップパソコンやサーバなどの内部パーツに使用されています。

マザーボードのサイズが大きいほど接続端子の数が多く、拡張性が高くなります。ATXマザーボードはミドルタワー以上のケースに装着可能です。

またMicroATXやMiniITXなどが、小型で取付穴に互換性があるマザーボードとしてが規格化されています。

接続機器や拡張ボードなど、搭載するパーツの規格により条件に合った選定が必要です。

ATXマザーボードの原理

ATXマザーボードの基板は硬い非導電材料でできています。プリント基板上には他の部品を繋げるためのソケットやスロットが搭載されています。

ATXマザーボードは搭載するコンポーネントにより以下の構成部品が搭載されています。使用環境や要求性能などを考慮した上で使用することが求められます。

  • チップセット
    外部インターフェイスからのデータの流れを制御します。チップセットの性能により搭載できる機能が決まります。
  • CPUソケット
    CPUをはめ込む部品です。はめ込む際はチップセットと対応CPUの規格に合っているか確認が必要です。
    マザーボードによってはオンボードで搭載されている場合がございます。
  • メモリソケット
    メモリをはめ込む部品です。はめ込む際は規格に合っているか確認が必要です。
  • BIOS
    マザーボード上に接続されているハードウェアの基本情報や電源の供給状況などを確認や操作ができるプログラムです。
  • CMOS
    BIOSの設定情報を記憶するICチップです。
  • バッテリー
    BIOSの設定情報を保持し、時計を動作させます。
  • ATX電源コネクタ
    マザーボード本体に電源を供給するための差込口です。
  • スピーカー
    マザーボードのエラーをビープ音で知らせます。
  • IDEコネクタ/SATAコネクタ/M.2スロット
    ハードディスクやSSD、光学ドライブなどの外部記憶装置を接続するためのコネクターです。
  • PCIスロット
    拡張用のカードを差し込むことで様々な機能を増やすことができるスロットです。
  • PCI Expressスロット
    拡張用のカードやビデオカードを接続するスロットです。PCIスロットよりも転送速度が高速である為、SSDの接続スロットとしても使用されております。

参考文献
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/gaming/resources/how-to-choose-a-motherboard.html
https://support.lenovo.com/jp/ja/solutions/ht061228

ATXマザーボードのメーカー情報

ATXマザーボードのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

  1. 1 MSI

歴史のある会社

  1. 1 MSI

ATXマザーボードのメーカー1社一覧


関連記事

カテゴリから探す