神港テクノス株式会社
株式会社旭エンジニアリング
株式会社ピーアンドエフ
株式会社ハイバーテック
株式会社アルゴシステム
東洋技研株式会社
日本パルスモーター株式会社
三菱電機株式会社
ワゴジャパン株式会社
ベッコフオートメーション株式会社
フエニックス・コンタクト株式会社
バルーフ株式会社

【2021年版】フィールドバス2選 / メーカー40社一覧

フィールドバスのメーカー40社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フィールドバスとは

フィールドバスは、工場などの施設で計測機器や制御機器、動作機器などの間でデジタル通信をするネットワークのことを言います。通常のネットワークとは異なり、計測機器やコントローラなどの産業機器同士の通信に特化しているネットワークです。様々なメーカーの製品を、その製品に付属している専用のソフトウェアを使用せずに、フィールドバスを使用することで、単一のプラットフォームで一括で制御することができ、生産の効率化に対して非常に有効です。

フィールドバスの使用用途

フィールドバスは、ファクトリーオートメーションを導入している工場や、IoTに対応している計測装置や動作機器を使用している工場で代表的に使用されます。様々な会社からフィールドバスのサービスが提供されていますが、通信速度やノイズ対策、機器の接続台数、ネットワークの構築の容易さ、メンテナンスのしやすさ、緊急停止システムなどの安全性が担保されているか、などに注意して選定する必要があります。

フィールドバスの原理

フィールドバスで構築されるネットワークシステムは、4つの層に分けることができ、最も上位の1層目では、オフィスなどの遠隔地から指示データの監視や確認などの機能を持ちます。2層目では、工場内のコントローラや制御装置で、工場の機器などのコントロールを行う機能を持ちます。3層目では、産業用ロボットや工作機器などで、工場の生産において重要な動作を行う機器が動作している層です。4層目では、センサやスイッチなど末端の機器がある層になります。

フィールドバスの接続方法としては、代表的なものとしてバス型(芋づる型)、スター型があります。バス型は、一つのケーブルで様々な機器と接続する方式で、シンプルですが一度に送信できる信号量が限られているので、動作が遅くなる可能性があります。また、スター式は、中央に制御装置があり、その制御装置から各種の機器に接続している方式です。通信速度が速いことが特徴です。その他にも、リング型や、ライン型、ツリー型などがあります。

参考文献
https://www.yokogawa.co.jp/pdf/provide/J/GW/TI/0000003445/0/TI38K02A01-01.pdf
http://www.jmacs-j.co.jp/documents/tech/fa.pdf

フィールドバスのメーカー情報

フィールドバスのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三菱電機株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 Rockwell Automation, Inc.

設立年の新しい会社

  1. 1 B&R株式会社
  2. 2 光昭株式会社
  3. 3 YASKAWA Europe,GmbH

歴史のある会社

  1. 1 Rockwell Automation, Inc.
  2. 2 アズビル株式会社
  3. 3 シャープ株式会社

フィールドバスのメーカー40社一覧


フィールドバス2選

Motionnet(モーションネット)

日本パルスモーター株式会社 Motionnet(モーションネット) 画像出典: 日本パルスモーター株式会社公式サイト

特徴

Motionnet(モーションネット)は、日本パルスモーターが提唱する高速シリアル通信システムです。

一般的なフィールドバスが基本的には同一ブランドのモータしか選べないのに対して、Motionnetでは、モータを自由に選ぶことができます。
また応答速度が速く、最大で15.1μsec/局(4byte)と高速に通信が可能です。

2003年発売以来、世界で100社以上の採用実績があり、主な使用用途としては、ビル管理・照明管理システムや、コインロッカー管理システム、また半導体、液晶製造装置、検査装置や医療機器システム等の事例があります。

日本パルスモーター株式会社の会社概要

製品を見る

IRDシリーズ

サンテスト株式会社 IRDシリーズ 画像出典: サンテスト株式会社公式サイト

特徴

サンテスト株式会社のIRDシリーズは、マスタモジュール(通信対応)1台とスレーブモジュール(それぞれ機能を有する)数台(最大9台)の組合せで構成します。

上位(PLC)側の産業用ネットワーク通信に合わせて、マスタモジュールを交換すれば、色々な上位(PLC)と接続可能です。

また、スレーブモジュール間で自律的にデータを交換する自動転送機能を備えており、高速でのデータの転送が可能です。

サンテスト株式会社はセンサメーカーでもあります。そのためレゾルバ変換を有するスレーブモジュールや、歪みゲージアンプの機能を有するスレーブモジュール、海外のSSI信号(シリアル通信)を入力できるスレーブモジュールなどを持っており、ユーザーが取り込みに苦労しているのを解消できます。

また関数波形を生成する機能を有するスレーブモジュールがあるので、アナログ出力のスレーブモジュールと組み合わせることで、上位(PLC)側からネットワークを通じて設定できる「ファンクションジェネレータ」のような使い方も可能です。多種のスレーブモジュールを組み合わせることで、色々なことができます。

サンテスト株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す