中央精機株式会社
シグマ光機株式会社

【2021年版】プリズムミラー メーカー11社一覧

プリズムミラーのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


プリズムミラーとは

プリズムミラーはプリズムとよばれる三角錐の形をしたガラスデバイスの斜面もしくは直角同士の2面に光を反射するためのコーティングが施されたミラーのことを言います。

斜面にコーティングをした斜面コートタイプは45°傾けての設置する際の光軸調整時間を短縮することができます。

また、直角な2面をコーティングした直角構成面コートのタイプはきた光を反転させて反射させることができます。

また、目的にあわせてコーティング(たとえば広帯域誘電体や金属)、基材となるガラスなど選択する必要があります。

プリズムミラーの使用用途

斜面コートタイプは光を45°傾けて反射させたいときに使用されます。平面ミラーでも実現可能ですが、光軸調整の時間を短縮することができ、例えば、分光光度計などの計測機器で使用されています。

直角構成面コートタイプはイメージの反転を高速に行う時や干渉計など来た光の光軸に平行な方向に反射させたい時に使用されます。また、太陽光採光で光を取り入れるためのミラーとしても使用されます。

広帯域の反射防止BBARコーティングを使ったプリズムミラーは、幅広い低出力レーザーラインアプリケーションで使用されています。

プリズムミラーの原理

直角構成面コートタイプは空気とガラス間の屈折率差を利用して光を波長ごとに分散(分光)させる機能をもたせることもできます。

プリズムミラーの大きな特徴は、外部の機械応力に対してミラーよりも強い(変形が少ない)ので、音響や慣性負荷がきびしい用途に適しています。

金属コーティングでは、紫外域に強いアルミや赤外域に強い金など一般的なミラーで使用されているコーティングを行うことができます。

母材となるプリズムは光を通す必要がない場合はBK7、精密形状ができるN-BK7、紫外域を透過させる必要がある場合は合成石英などが使用されます。温度変化に強くする必要があれば、線膨張係数が低いガラス材を使用することもできます。

プリズムを接着固定する際は、線膨張係数の違いに注意が必要です。線膨張係数の違いが大きいと温度をあげたり下げたりしたときにプリズムが割れてしまうリスクが発生します。柔軟性のある接着剤を使うことで回避できますが、その場合は、柔軟性がある分、接着時の安定性が悪くなるリスクも発生するので注意が必要です。

参考文献
http://www.mekatoro.net/digianaecatalog/chuo-sougou/book/chuo-sougou-P0943.pdf

プリズムミラーのメーカー情報

プリズムミラーのメーカー11社一覧


プリズムミラーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 シグマ光機株式会社
  2. 2 日東光器株式会社
  3. 3 ユニバース光学工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日本信智株式会社
  2. 2 ソーラボジャポン株式会社
  3. 3 株式会社オプトアート

歴史のある会社

  1. 1 ユニバース光学工業株式会社
  2. 2 株式会社三井光機製作所
  3. 3 守田光学工業株式会社

関連記事

カテゴリから探す