京セラ株式会社
パナソニック株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

【2021年版】マクロレンズ メーカー8社一覧

マクロレンズのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


マクロレンズとは

マクロレンズとは、非常に近い焦点距離を扱うために光学的に最適化された専用のカメラレンズで、ミクロな被写体をシャープで詳細な画像を撮影することができます。

一般的には1:1の倍率と30センチ前後の最短集光距離を持っています。

マクロは他のレンズとは異なり、高い再現率を実現しています。

これは、センサー面上の被写体の大きさの比率が、実際の被写体の大きさと同等かそれ以上であることを意味します。

マクロレンズは、主に接写に使われます。

マクロレンズの使用用途

マクロレンズは様々な場面で使用することができます。

新生児の写真を撮る際に赤ちゃんのまつげや指、つま先などの細かい部分を撮影するのに適しています。

商品撮影にも最適なレンズです。

マクロレンズはポートレートレンズとしても使えます。

ディテールを捉え、被写体に非常に近いところに立っていても正しくフォーカスを維持することができます。

また、ポートレートにも理想的な焦点距離で捉えることができるので、ポートレートのために使用することができます。

マクロレンズの原理

マクロレンズにも焦点距離の幅があります。

マクロ写真は非常に近い焦点距離で撮影するため、最良のマクロレンズは一般的にロングバレルで、通常は40~60mm以下のものです。

  • 45~65mm - 商品撮影に最適なマクロレンズの焦点距離、怖がらずに近づける小さな被写体の撮影、自然な背景の遠近感が必要なシーンの撮影に最適です。
  • 90~105mm - 昆虫や小動物、花、植物など、まだ快適な距離から撮影できる小さな被写体を撮影するのに最適なマクロレンズの焦点距離です。
  • 150~200mm - 昆虫やその他の小さな被写体を撮影するのに最適なマクロレンズの焦点距離であり、最も近い焦点距離を維持しながら、より遠くまで撮影する必要があります。
  • 可変焦点距離 - 多目的マクロ撮影に最適なマクロレンズの焦点距離
    理想的には、マクロレンズはプリムでなければなりません。マクロレンズにはズームとプライムの両方の種類がありますが、1:1の倍率を求めるならプライムの方が良い選択です。

参考文献
https://goopass.jp/magazine/macro_lens/

マクロレンズのメーカー情報

マクロレンズのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 京セラ株式会社
  3. 3 キヤノンマーケティングジャパン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 リコーイメージング株式会社
  2. 2 ソニービジネスソリューション株式会社
  3. 3 キヤノンマーケティングジャパン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 京セラ株式会社
  3. 3 株式会社ヨドバシカメラ

マクロレンズのメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す